私の心の共鳴音

2009年11月へ2009年12月↓2010年01月へ


2009/12/28 (月)  電子点灯管の方向性 (鈴原透慈)
写真「電子点灯管FE1E」
電子点灯管FE1E
写真「電子点灯管FE4P、FE5P」
電子点灯管FE4P、FE5P
 Pourquoiさんの投稿によると、電子点灯管にも方向性が有るとのこと。ご覧のようにE型(写真左)はねじ込み式なので、これは関係ないが、P型は端子が2つ有るため、方向性が生じる。
 実際に試してみたところ、これは想像以上に音の変化があり、自宅のNationalの電子点灯管では、向きは印刷面が外側になる方が明らかに良かった。実を言うと、これまですべて内側だったので間違った方向で挿していたことになる。
 回路の接地側が正しくなる所為なのか、それとも重量バランスなのか、理由はまったく分からないが、覚えておいて損の無い留意点だと思う。
 もっとも、現在の照明はインバーター式が主流で、点灯管を使う照明器具は激減している。東芝ライテックはグロー方式の点灯管を来年3月で製造中止、今後は電子点灯管への代替、インバーター式とLED照明の普及に注力するそうだ。電子点灯管に交換の際は、ぜひお試しを。
感謝!Jun:38名(計14,922名) Top:300名(計23,114名) AU:3,492名(計543,100名) AI:8名(計1,980名)