私の心の共鳴音

2009年10月へ2009年11月↓2009年12月へ


2009/11/29 (日)  蛍光灯の方向性 (鈴原透慈)
 掲示板に投稿いただいたPourquoiさんによると、
1)蛍光灯の点灯管はバイメタル式より電子式が良い(点灯管を使うということだから、非インバーターのグロースターター式の蛍光灯である)
2)蛍光灯にも方向性が有るようで、直管形なら文字が印刷されている側を点灯管のある側にして、文字が見えるように外側にした方が良い事が多い。環形式ならコネクタを180度回転してみて変化が出れば、揃えてみる価値有り―――だそうだ。
 自宅では、数年前に全ての点灯管を長寿命の電子式に交換していたが、そういう効果があるとは知らなかった。蛍光灯の方向性は、直管形5本の蛍光灯をダイニングルームで使っていて、このうちの1本だけ方向が逆だったので、それを揃えてみたところ、確かに変化はある。ブルーレイレコーダーの地デジの映像も綺麗になった。円環形のコネクタは直管より変化が小さめに感じられたが、試す価値はある。
 しかし、何故点灯管の種類や、蛍光灯の方向で変化が生じるのだろうか。蛍光灯のしくみは、ナガタ産業のWEBアニメ摂南大学の電気工学実験ビデオを見るとよく分かる。
 点灯管や回路図についてはアカリセンターの電球豆知識が参考になる。
 点灯管はスイッチを入れた直後は直流的に接続され、それによって蛍光灯内部のフィラメントが加熱し、放電が始まる。そしてバイメタル式では温度で形状が変化する性質を利用して回路が切断される。電子式ではこれが電子回路で行なわれる。
 そして点灯管の切断時に安定器からキック電圧という瞬間的な高電圧がかかって蛍光灯が点灯し、以降はランプ熱で放電が維持される。
 点灯管は始動時にしか動作しないが、物理的にはスイッチが開いたままで回路にぶら下がっている状態だ。
 部品の振動が微少ではあっても何がしかの影響を与えている可能性を考えると、可動部品で構成されているバイメタル式より電子式の点灯管の方が有利であることは説明が付く。
 だが、蛍光灯の方向性については、今のところ納得できるような理屈が思いつけない。
 グロースターター式の蛍光灯は減少しているが、持っている方はぜひ追試してみて欲しい。
感謝!Jun:19名(計14,884名) Top:149名(計22,814名) AU:2,057名(計539,608名) AI:6名(計1,972名)

2009/11/14 (土)  蛍光灯の方向性 (鈴原透慈)
写真「普通のスイッチ枠(UP上)とカバー(ABS刻印順)の向き」
普通のスイッチ枠(UP上)とカバー(ABS刻印順)の向き
写真「有利なスイッチ枠(UP下)とカバー(ABS刻印逆)の向き」
有利なスイッチ枠(UP下)とカバー(ABS刻印逆)の向き
 先日、コスモワイドスイッチを紹介したところ、新たな情報を掲示板にいただいた。それは、スイッチ枠やカバーにも方向性があるというもので、音に変化が生じるそうだ。この手の情報を『あり得ない』と一蹴する人もいるだろうが、趣味のオーディオではこれくらいのことは自分で実験して確かめてみるという姿勢が大事だと思う。
 さて、情報によるとスイッチ枠は「UP」の表記と逆にそちらを下に、カバーは「ABS」の刻印が逆さまになるようにして使っていらっしゃるとのこと。自宅ではコスモワイドを6箇所使っており、そのとおりにしてみると、激変ではないが確かに投稿にあるような『伸びやかで抜けの良い音』へのブラッシュアップ的変化はある。
 このように書くと、必ず『気のせいだ、プラシーボだ、あり得ない、嘘をつくな!』と脊髄反射的に否定する人もいるが、物理的な観点から変化の要因を考察してみよう。
 スイッチ枠をよく観察すると、「UP」の表記どおりに取り付けた場合、カバー取り外し用の小さな切り欠きが下側に来るのが分かる。ここにマイナスドライバーの先端を挿し込んで捻ると、簡単にカバーを外せるのだが、「UP」が上だとこの切り欠きが目立たない。逆にすると、当然、この切り欠きは上側に来る。物理的な変化としてはただそれだけのことで、これで何か変わるのだろうか。
 いろいろ思案しているうちに思いついたのが、重量バランスだ。切り欠きが上だと、軽い部分が上で重い方が下になるから、安定性で有利なはずだ。これが影響しているのではないか。そういう目で見てみると、カバーの方も「ABS」が逆さまの時に小さな突起部分が下に来るので、理屈は合う。
 変化が分からない、或いは悪くなったと感じるケースもあるだろうが、もし、結果が納得できれば、この突飛な仮説にも幾ばくかの有用性があるかもしれない。
感謝!Jun:21名(計14,865名) Top:158名(計22,665名) AU:1,756名(計537,551名) AI:9名(計1,966名)