[掲示板へもどる]
一括表示

タイトルD-58の7番の板について
記事No: 39 [関連記事]
投稿日: 2008/04/09(Wed) 19:05
投稿者さかい

初めまして、HP拝見しました。

タイトルの7番の板の件ですが、
これはそもそもD-57の制作記事の時点でのミスです。

当時の記事('95/7月号)では板取り、及び実際の作品でも
(記事中の写真でも明らかに短い)280mmになっていますが、
確か数号後に330mmへの訂正記事が出ていたと思います。
手元に該当号のステレオ誌がないので曖昧な記憶ですが。

当時私も何故この板がこんなに短いんだろう?と思っていました。

そして何年か後にD-58が発表になった訳ですが、
その時も280mmになっていて驚いた記憶があります。
(作例自体は330mmで制作されています。)
これは多分訂正前のD-57の図面を基にした為のミスだと思います。
(先生か編集部のどちらのミスか分かりませんが。)

で、結局この板はD-57、58、58ESの何れも330mmが正解なのですが、
2度のミスとその訂正記事が余り周知されなかった為に世のこれらの
作品は280mmのまま制作されている物が相当あると思われます。
(今は無きリョービのスピーカー工房のD-57も内部写真を見る限り短いままでした。)

ただ、実際この板の長さで音に大きな違いがあるとは思えないので
あまり気にする必要は無いと思いますが。

また(砂原さんのご考察のように)所謂ケガの功名で返ってこれが良い結果をもたらすとも限りません。
この辺はメーカーの様に何度も試作を重ねてカット&トライで最適値を探る事が難しい
我々アマチュアの痛いところですね。


タイトルRe: D-58の7番の板について
記事No: 40 [関連記事]
投稿日: 2008/04/10(Thu) 20:12
投稿者鈴原透慈

さかいさん、初めまして。情報、ありがとうございます。

> タイトルの7番の板の件ですが、
> これはそもそもD-57の制作記事の時点でのミスです。
>
> 当時の記事('95/7月号)では板取り、及び実際の作品でも
> (記事中の写真でも明らかに短い)280mmになっていますが、
> 確か数号後に330mmへの訂正記事が出ていたと思います。
> 手元に該当号のステレオ誌がないので曖昧な記憶ですが。
>
国会図書館関西館で、D-57掲載号('95/7)の次の号('95/8)から
翌'96/5迄と'96/7のSTEREO誌バックナンバーを調べたのですが、
件の訂正記事は発見できませんでした。

自分が見落とした可能性ももちろんありますので、もし該当誌
が分かりましたら、お知らせいただけると幸いです。

今後とも、よろしくお願い致します。


タイトルRe: D-58の7番の板について
記事No: 41 [関連記事]
投稿日: 2008/04/13(Sun) 07:14
投稿者鈴原透慈

別の方からの情報で、件の7番板については、D-57ではなくD-58発表の
数ヵ月後に発売されたSTEREO誌1997年1月号の「長岡鉄男のスペシャル
アドバイス」で、先生ご自身が解説されていたことが分かりました。

確かに先生ご自身は330mmで設計され、それを板取図にする際に間違え
られたので、その意味では330mmが「正解」ですが、実際にはこの板の長さ
の影響はあまり無く、先生の設計よりもう少し短くても良いそうです。

実際、280mmで制作されたD-57は測定でもヒアリングでも全く問題が
無かったとの事ですし、自分も280mmで頒布されたD-58で全く問題を
感じていませんでした。

貴重な情報をありがとうございます。


タイトルRe: D-58の7番の板について
記事No: 42 [関連記事]
投稿日: 2008/04/14(Mon) 19:47
投稿者さかい

そうでしたか。
私もちゃんとした訂正記事ではなく、確かQ&Aか音の館の記事だったような記憶が
ありましたが何分記憶があいまいで、、、

ただ、私も鈴原さんや先生がおっしゃられてるようにここの長さは余り音に影響は
無いと思います。(D-57が背圧の点で楽というのは多分D-55に比べて空気室の容積が
大きいからだと思われます。)