♪音の投書箱♪
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトルRe: SBDについて
記事No: 22 [関連記事]
投稿日: 2007/03/26(Mon) 22:05
投稿者

ご返答ありがとうございます。

> SBD交換だけで何の問題もありませんが、記述したコンデンサーの容量アップと
> は、電源基板上の100V470uFを1800uFに交換したことを指しています。
> コンデンサーの容量アップだけでもずいぶんと音が自然になりますので、
> さらに効果的という意味です。ご参考になりましたら、幸いです。
分かりました。基盤上の省接点化は試みていましたが、素子交換は初めてなので
少し不安がありました。まずは整流ダイオードを交換してみようと思います。

ところで FE208ES−Rの貴重な情報をありがとうございます。
鈴原様はユニット軸上で試聴されたそうですね。
私は30度でもハイ落ちながらほぼフラット(8kHzまで)のESの特性が大好きで、
リスニングポイントにESは向けず、JA0506だけを向けています。
フレームを対策して空力特性を上げたESの音は素晴らしく、8cmユニットのような澄んだ高音を放ち、0506と解け合うように繋がります。
しかしES−Rはフルレンジ1発のコンセプトでありながら、フレーム形状がそのままなのが残念でなりません。
フレームが鳴く原因は振動によるものではなく、音圧によるものなので空力特性の良い形状に、まず改善して欲しいと私は思っています。
果たしてトゥイーター無しで本当に大丈夫なんでしょうか。
今後の動向に注目したいです。

> 今後とも、「音生命!」をよろしくお願い致します。
こちらこそ よろしくお願いします。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー