[掲示板へもどる]
一括表示

タイトル徒然
記事No: 140 [関連記事]
投稿日: 2009/11/16(Mon) 10:41
投稿者Pourquoi

私が実際に試してみて気が付いたことをいくつか箇条書きしてみます。・

直管形蛍光管であれば半回転、環形蛍光管であればコネクタを180度回転させてみる。
 これで変化が出れば全ての蛍光管の向きを揃えてやる価値あり。
 直管形だと1本につき4パターンあるが、概ね点灯管のある側のコネクタに
 蛍光管の文字が印刷されている側を合わせ、文字が見えるように外側に向けた
 状態で正解なことが多い。・

ネジは無理だがワッシャーやナットは方向性を揃えてやる。
 試聴して決めるのが確実だが、大抵は面取りされていない方が下になるように
 してやることで大丈夫かと思う。・

木材を使うときは木の根側→成長点側、木の中心側→表面側という方向へ
 振動を流すようにする。配置の基本は上へ前へ。・

無垢の木材から切り出して何かを作るときは、木の根方向から順に番号を
 振っていき、信号や振動の流れる順番に沿って割り当てていく。・

合板は繊維の方向が90度ずれて互い違いになっているので方向性は無いよう
 に思えるのだが、実際に試してみると前後左右や裏表でやはり音が変わる。

木材関係はボードやインシュレーターのみならずスピーカーキャビネットを
自作される方には効果大ではないかと。
これらは基本的に何かを足したり引いたり置換したりするわけではないので、
何かを交換したことによる様々な色付けの結果を一喜一憂するオーディオ界
にあって純粋に改善と呼べるのではないかと思っています。


タイトルRe: 徒然
記事No: 141 [関連記事]
投稿日: 2009/11/18(Wed) 13:01
投稿者Pourquoi

以下は部品交換が発生してしまうので前述のものとは路線が異なりますが、
一応追加ということで。

パッシブではない商用電源で動作する電話機を使っている場合は、モジュラージャック
の取り付け枠やプレートもコンセントや電灯スイッチと同等の影響がある。
テレビのアンテナコネクターも同様。
鉄製枠のままでも一部をカットしてやることでループ問題は回避できるかと思うが、
磁性体の問題は残ったままに。

点灯管をバイメタル式から電子式に変更すると、電灯スイッチをフルカラーから
ワイド21に変更したのと同様の変化がある。

その他としてはオーディオ機器だけでなく全ての電化製品の極性を合わせる、
電線同士は接触しないよう空中配線や立体交差させる、電線を金属に触れさせない
といったこともありますが、これらはこちらのサイトの低電磁界配線のページに
書かれているので省略します。

いずれも冷ややかな目で見られたり、些末なことだとして切って捨てられたり
することが多いですが、商用電源を動力源とする以上、オーディオは屋内の
全電化製品規模で考える必要があると思っています。


タイトルRe: 徒然
記事No: 146 [関連記事]
投稿日: 2009/12/01(Tue) 13:25
投稿者Pourquoi

点灯管についての補足ですがE型はねじ込むだけなので選択肢はありませんが、
二通りの装着方向があるP型はどちらの向きに挿すかでやはり音が変わります。

PCのケースとM/Bを繋ぐPOWERやRESETといったコードのM/B側のコネクタをどちら
向きに差し込むかでも変わりますし。(当方はPCオーディオは使っておりません
あくまで電源経由での影響の話です)

Schurterなどの電極が取り外せるIECコネクターはラインとニュートラルの電極
を入れ替えると音が変わる(無論新品状態です)ので、組み立てる際に1個ずつ
確認してから使うようにしていますが、ここまで来るともう笑うしかないですね。

なぜそうなるのか理由がわからないため、オカルトと言われても返す言葉がない
ので、あまり口にしないようにはしていますが…


タイトルRe: 徒然
記事No: 155 [関連記事]
投稿日: 2010/01/03(Sun) 17:46
投稿者Pourquoi

家の中だけでなく外にも目を向けてみようということで、エアコンの室外機
の下に敷いてある木の板の向きを変えてみたところ、他の電化製品と同様に
表裏や左右でやはり音が変わりました。
試しに木の板を防振ゴムに取り替えてみると見事に鈍った音に。

怪しさ爆発の話ですが、まぁ屋外とはいっても電源は室内機を通じて屋内の
コンセントから供給されているタイプですので、個人的にはそんな馬鹿なと
いうほど驚くようなことでもなく、やっぱりそうなるのねといった感じですが。
元に戻す際、せっかくなのでそれまでのラワン合板に代えてイエローバーチ
の無垢材を向きを揃えて敷いておきました。
最初は風の流れから考えて後ろから前へという向きにしたのですが、再生音が
おかしいので一方向ずつ聞き比べをしてみたところ、左から右が正解でした。
(羽の回転が時計回りだから?)

それにしても普段は一体どれほどの外的影響を受けた音を聞いてるんだろうと
思わずにはいられません。


タイトルRe: 徒然
記事No: 157 [関連記事]
投稿日: 2010/01/06(Wed) 11:19
投稿者Pourquoi

> (羽の回転が時計回りだから?)
エアコンを停止させても向きの影響は変わらないので、どうやらモーターの
回転振動とは大きな関係はなさそうです。
他の回転体がない家電や電源タップのような振動を知覚できないものですら
下に敷いた板の向きで明確に音が変わるわけですから、モーターのような
はっきりと感知できる振動とは違う何かが関係しているのではないかと。

トランスやコンセントの下に敷く場合は、木でも金属でも樹脂でも皆一様に
IN→OUTの方向に向きを揃えたときに寸詰まり感が消えるので、内部を流れる
電流の向きが関係しているのかな?などと勝手に思ったりしているのですが…

以下余談
イエローバーチはやはり好みに合わないので撤去してしまいました。
元々は自分好みの木材を探すために色々と試した際に2軍落ちしたものですが、
室外機ぐらいなら影響も少ないかなと思い復活させてみたものの、やはりどこ
に使っても明確に音色が反映されてしまうようで、分電盤からの距離などには
あまり関係ないようです。

バーチは比重が大きい部類の中では音速が高いのと中低域の抜けの良さは魅力
ですが、倍音が少なく丸い音になってしまうのが私的に残念なところです。
どうも弾性が高くなるほど基音主体になるようで、個人的には硬くて粘りが
少ない材質が好きです。


タイトルRe: 徒然
記事No: 159 [関連記事]
投稿日: 2010/01/16(Sat) 21:12
投稿者Pourquoi

> イエローバーチはやはり好みに合わないので撤去してしまいました。
撤去しただけだとどうしても鉄のキャラが強いので、これまた二軍落ちして
使い道がなく余っているものの中からハードメイプルとヨーロピアンビーチ
を試してみましたが、ビーチはバーチほど丸くはならないものの、やはり上
が足りず今一つ。
メイプルはドンシャリ傾向であり、鳴り方も音の先頭ではなく後ろにパワーが
ある感じで、サステインの伸びる独特の音色によりスケール感のある音には
なるが、前に飛んで来るのではなく奥へ向かう鳴り方がどうも好みに合わない。
といった感じで二軍落ちした理由と同じになってしまい、どこに使っても結果
は一緒というオチに。

殆どの家電は鉄と樹脂で構成されているため、屋内電源の音色はどうしても
これらの影響が強いように思うので、別の色を被せてなるべく緩和しようと
思いつつも、多勢に無勢でなかなか思うようにはいきませんね。