No.1 オーディオ掲示板を設置しました

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2001年01月25日(木) 01時55分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

オーディオに関する話題やご質問など、ご自由に書き込んで下さい。

No.2 はじめまして

投稿者名: ノキナ
投稿日時: 2001年02月06日(火) 01時59分
E-Mail:masatsug@nn.iij4u.or.jp
URL:http://

はじめまして、
たしか、交流&アースなどの検索でココに辿り着きました。(ちょつと違うかも)
私は、ある大手電気会社系列で働いている。機械設計の物です。
オーディオで例えると、匡体の設計みたいな事をやっています。

ところで どうして上のような検索をしたかと言うと、うちの
電気設計の人たち20代〜30代はコンセントの片方がアースだって知らないんです。
(たまたまきいた人が知らなかっただけなのか。あんまり言うと恥ずかしい)
交流のページすごく役にたちました。ありがとうございました。

それと、私は趣味でオーディオをちょっとかじっていますので、
このページの発見は、棚からぼたもちといったところです。笑
さっそくオーディオのコンセントのアースあわせにチャレンジしてみようと
思います。 おっと、長くなるといけないので、
とりあえずこの辺で失礼します。


No.3 機器の極性合せについて

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2001年02月07日(水) 01時25分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

ノキナさん、はじめまして。

> 交流のページすごく役にたちました。ありがとうございました。
>
お役に立てましたようで、何よりです。

> それと、私は趣味でオーディオをちょっとかじっていますので、
> このページの発見は、棚からぼたもちといったところです。笑
> さっそくオーディオのコンセントのアースあわせにチャレンジしてみようと
> 思います。
>
極性合わせについては、つい先日、某オーディオアクセサリーの掲示板でも
話題になりました。

オーディオ機器だけでなく、家庭内の家電機器にも極性がありますので、
それも合わせると良いという話でした。機器にアースポイント(ネジなど)
がない場合は、オーディオ機器側で測定すれば良いそうです。

私も試してみましたが、最も電圧の差が大きかったのはオーブントースター
で、コンセントを差し替えると交流電圧が20Vから3Vになりました。

なお、洗濯機など大地アースが取ってある機器は、アース線を外してから
でないと、ほぼ0Vになってしまって測定ができませんので、ご注意を。


No.4 電源ケーブル作ってみます。

投稿者名: T2
投稿日時: 2001年02月14日(水) 00時11分
E-Mail:ZVC10604@nifty.ne.jp
URL:http://

はじめまして。
オーディオに興味を持って1年弱の初心者です。
電源ケーブルの自作をやってみたいと思い、参考になるHPはないかとい
ろいろ検索を掛けているうちにたどり着きました。

こちらのHPは解説が丁寧で、写真もありますので、私のような初心者に
は大変参考になります。紹介されている電源ケーブルは比較的安価ですし、
材料も手に入れやすそうですので、今度挑戦してみようと思います。

今後掲載予定の記事にも期待しております。


No.5 Re: 電源ケーブル作ってみます。

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2001年02月15日(木) 00時25分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

T2さん、はじめまして。

> こちらのHPは解説が丁寧で、写真もありますので、私のような初心者に
> は大変参考になります。紹介されている電源ケーブルは比較的安価ですし、
> 材料も手に入れやすそうですので、今度挑戦してみようと思います。
>
ありがとうございます。FLチューブの固定はビニールテープではズレて
しまうので、熱収縮チューブの方がいいようです。近日中に、更新します。

> 今後掲載予定の記事にも期待しております。
>
次回は「ヒューズ」の予定ですが、これは機器のケースを開けることに
なるので、HP上に掲載していいかどうか迷っています。

それもあって、2スケキャブタイヤ(VCT)のピンケーブルの工作記事
を先に掲載するかもしれません。

低損失伝送を基準に今後とも頑張っていきますので、よろしくお願いします。


No.6 質問です。

投稿者名: T2
投稿日時: 2001年02月18日(日) 23時40分
E-Mail:ZVC10604@nifty.ne.jp
URL:http://

昨日、アキバで材料を買ってきました。
次の週末にでも作成してみます。

で、ひとつ質問なのですが、コネクタの方の接続は、Lの方に
白い線、Nの方に黒い線でよいのでしょうか?
プラグの方は説明書がありましたのですぐ分かったのですが、
コネクタの方は何も書いておらず分かりませんでした。

お詳しい方からすると馬鹿みたいな質問じゃないかと思いま
すけれど、よろしくお願いします。


No.7 極性を確認して決めて下さい

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2001年02月19日(月) 01時20分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

> 昨日、アキバで材料を買ってきました。
> 次の週末にでも作成してみます。
>
コンセント以降は電気工事士の資格は要らないものの、十分注意して
工作して下さい。

> で、ひとつ質問なのですが、コネクタの方の接続は、Lの方に
> 白い線、Nの方に黒い線でよいのでしょうか?
> プラグの方は説明書がありましたのですぐ分かったのですが、
> コネクタの方は何も書いておらず分かりませんでした。
>
ここで、機器の極性確認が必要なのです。たぶん、お使いの機器に
付属している電源コードは、機器側のコネクタが3P(ピン)で、
コンセントが2Pだと思いますが、まずこれで極性を確認します。

手順は「2-3)極性」で説明してあります。

極性が確認できたらテスターで、機器付属電源コードの2Pアース側
(コンセント向かって左側の長い穴に挿した方)が、機器側3Pコネ
クタのどの穴と導通があるかをチェックします。

これで、プラグとコネクタの結線をどうつなげば良いかが確定します。

もし、ここまでの説明でよく分からないようであれば、電気に詳しい
身近な方(近所の電気屋さんとか)のアドバイスを仰いで下さい。

> お詳しい方からすると馬鹿みたいな質問じゃないかと思いま
> すけれど、よろしくお願いします。
>
誰でも最初は初心者ですよ。ただし、どんなジャンルでもそうですが、
前に進んでいくためにはそれなりの知識が必要となってきます。

失敗も経験の内なのですが、くれぐれも事故には気をつけて下さい。
出来上がったケーブルをいきなりコンセントに挿しこまず、テスター
での導通確認と内部で白線と黒線がショートしていないか、必ず確認
してくださいね。


No.8 Re: 極性を確認して決めて下さい

投稿者名: T2
投稿日時: 2001年02月19日(月) 22時54分
E-Mail:ZVC10604@nifty.ne.jp
URL:http://

ご回答ありがとうございます。
付属ケーブルの極性を調べて、導通のある穴が同じ側になるように
接続すればよい、ということですね。
電検ドライバも一緒に購入してきましたので、確認しながら接続を
行います。

>もし、ここまでの説明でよく分からないようであれば、電気に詳しい
>身近な方(近所の電気屋さんとか)のアドバイスを仰いで下さい。
> 失敗も経験の内なのですが、くれぐれも事故には気をつけて下さい。
> 出来上がったケーブルをいきなりコンセントに挿しこまず、テスター
> での導通確認と内部で白線と黒線がショートしていないか、必ず確認
> してくださいね。

ご忠告を肝に銘じ、十分注意して作業するようにします。
また、よく分からない場合は無理をせずに詳しい方のアドバイスを受け
るようにします。


No.9 質問です。

投稿者名: den
投稿日時: 2001年06月21日(木) 05時05分
E-Mail:
URL:http://

電気配線の所ですが・・

・オーディオルームは赤−白系統、一般配線は黒−白系統というように、分電盤からの配線を分ける


家の中でオーディオルームだけ赤−白系統にするという意味でしょうか?

そうだとすれば
それは本当に大丈夫なんでしょうか?
単相三線式の負荷のバランスが大きく狂うと思いますが・・。

単相三線式の片方だけに大きな電圧降下が起き、100Vがきれいに出ません。
そして、中性線に大きな電流が流れます。
(流れないのが理想的)

負荷のバランスを取る対策が必要になるでしょうね。


あと、オーディオルームに2.6のVVFを引くより、
オーディオルームだけ単独契約にして、オーディオルームまでCV8sq
を引っ張ってきて小型のホーム分電盤をこしらえた方が、
音には良いように思えます。
(契約電流は小さくなるかもしれませんが・・)

ところで、契約電流を大きくして音は良くなりますか?
契約電流を大きくしてもオーディオルームのブレーカーサイズは20Aか30A
だと思いますよ。
(過電流だとどちらにしてもブレーカーは落ちる。)


私もそれほど詳しくないのですが、ふと疑問に思ったもので・・。
(一応、電気関係の資格はもっています。)


No.10 Re: 質問です。

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2001年06月23日(土) 05時28分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

denさん、ご質問ありがとうございます。

> 電気配線の所ですが・・
> ・オーディオルームは赤−白系統、一般配線は黒−白系統というように、分電盤からの配線を分ける
> 家の中でオーディオルームだけ赤−白系統にするという意味でしょうか?
>
> そうだとすれば
> それは本当に大丈夫なんでしょうか?
> 単相三線式の負荷のバランスが大きく狂うと思いますが・・。
>
> 単相三線式の片方だけに大きな電圧降下が起き、100Vがきれいに出ません。
> そして、中性線に大きな電流が流れます。
> (流れないのが理想的)
>
> 負荷のバランスを取る対策が必要になるでしょうね。
>
単相三線式は、確かに負荷配分のバランスがとれていることが理想です。
しかし、実際にそれが実現可能かどうかを考えた場合、まず不可能であり
我々はアンバランスな負荷状態を前提にせざるを得ないですよね。

私自身の家(筑20年以上の公団住宅、容量30A)を例にとってみると、

物置として使っている部屋(家電品ゼロ):103V
オーディオが置いてある部屋:103V
テレビがおいてある部屋:103V
冷蔵庫があるキッチン:102.5V
パソコンがおいてある部屋:102.5V

オーディオ、テレビ、冷蔵庫、パソコンの電源をONにした状態の実測
で、いずれも100V以上あります。

電圧降下は、家電機器のスイッチをONにした瞬間がもっとも大きく、
そこさえクリアできれば、理想的な負荷バランスでなくても実用上、
問題はないでしょう。

ご質問いただいた個所の記述は「オーディオルームだけ赤―白配線に
する」というよりは、オーディオルーム内で、赤ー白と黒ー白は混在
しない方がベターという意味合いです。もちろん、ノイズを発生する
一般家電機器(洗濯機や冷蔵庫やパソコンなど)とラインを分けておく
という狙いもあります。

でも、確かにdenさんの言われるとおり、負荷バランスを取った方が
取らないよりは良いと思います。


> あと、オーディオルームに2.6のVVFを引くより、
> オーディオルームだけ単独契約にして、オーディオルームまでCV8sq
> を引っ張ってきて小型のホーム分電盤をこしらえた方が、
> 音には良いように思えます。
> (契約電流は小さくなるかもしれませんが・・)
>
分電盤から長々と配線を引き回すよりは、単独契約の方が良いかもしれま
せんね。でも、CV8sqはゴムキャブタイヤだったと思いますが、容量は
約40Aと大きいものの、芯線がスズメッキであり、また音質に影響する
耐振動性の点でも不安があります。ビニルキャブタイヤVCTの方がいい
と思いますが、両者とも基本的に移動用なので、安全面からも基幹ライン
にはVVFを使用する方がベターではないでしょうか?


> ところで、契約電流を大きくして音は良くなりますか?
> 契約電流を大きくしてもオーディオルームのブレーカーサイズは20Aか30A
> だと思いますよ。
> (過電流だとどちらにしてもブレーカーは落ちる。)
>
これは、やはり可能な限り余裕のある容量にした方がいいと思います。
というのは、分岐のブレーカーの電流容量は20Aで変わらなかった
としても、メインブレーカーの電流容量が大きくなることで、ここで
の抵抗が小さくなり、この影響が音に出るハズだからです。

契約電流に関しては、私自身はずっと集合住宅住まいで30A以上の
家に住んだことがないので、体験談でなくて申し訳ないのですが、私
が信頼している故長岡鉄男氏や福田雅光氏、柴崎功氏などオーディオ
評論家の先生方の意見・主張でもあり、アンプで言えば電源を強化す
るのと同じ効果(スケールや安定感の向上など)が期待できます。

> 私もそれほど詳しくないのですが、ふと疑問に思ったもので・・。
> (一応、電気関係の資格はもっています。)
>
私自身も、オーディオや電源に関しては、雑誌記事などを参考にして
勉強や実験を繰り返している身です。間違いも多々あると思いますの
で、こうしてご質問をいただくことは、見直しにもなって非常に助か
ります。

今後とも、このホームページをよろしくお願い致します。


No.11 Re: 質問です。

投稿者名: den
投稿日時: 2001年06月24日(日) 00時39分
E-Mail:
URL:http://

> もちろん、ノイズを発生する
> 一般家電機器(洗濯機や冷蔵庫やパソコンなど)とラインを分けておく
> という狙いもあります。

> 分電盤から長々と配線を引き回すよりは、単独契約の方が良いかもしれま
> せんね。でも、CV8sqはゴムキャブタイヤだったと思いますが、容量は
> 約40Aと大きいものの、芯線がスズメッキであり、また音質に影響する
> 耐振動性の点でも不安があります。ビニルキャブタイヤVCTの方がいい
> と思いますが、両者とも基本的に移動用なので、安全面からも基幹ライン
> にはVVFを使用する方がベターではないでしょうか?
>

ノイズを分けるのなら別契約でもう一つ引き込んで、分電盤をこしらえたほうが言いと思いまよ。赤黒で分けても中性線にどちらにしてもノイズが乗りますから。

CV、CVT(VCT?)は普通に基幹ラインに使われますよ。
鈴原さんの家にも使われているでしょう。
移動用の線ではありません。
VVFは基幹ラインには使用しません。
VVF2.6はよほどのことが無い限り使用しません。
工場等で電圧降下が大きくなるラインでごくたまに使うぐらいでしょうか?

> > ところで、契約電流を大きくして音は良くなりますか?
> > 契約電流を大きくしてもオーディオルームのブレーカーサイズは20Aか30A
> > だと思いますよ。
> > (過電流だとどちらにしてもブレーカーは落ちる。)
> >
> これは、やはり可能な限り余裕のある容量にした方がいいと思います。
> というのは、分岐のブレーカーの電流容量は20Aで変わらなかった
> としても、メインブレーカーの電流容量が大きくなることで、ここで
> の抵抗が小さくなり、この影響が音に出るハズだからです。
>
> 契約電流に関しては、私自身はずっと集合住宅住まいで30A以上の
> 家に住んだことがないので、体験談でなくて申し訳ないのですが、私
> が信頼している故長岡鉄男氏や福田雅光氏、柴崎功氏などオーディオ
> 評論家の先生方の意見・主張でもあり、アンプで言えば電源を強化す
> るのと同じ効果(スケールや安定感の向上など)が期待できます。
>

契約電流を大きくする=電源強化とはあまりつながらないと思います。
バッテリーの容量が増える具合にはいかないとは思います。

電源強化を本気で考えるのなら、トランスからの引き込みを見直した方が良いでしょう。(大掛かりになりますが)メインブレーカーを変えても抵抗が変わるわけではありません。ブレーカーは抵抗ではありませんし、契約電流=ダイナミックレンジでは無いのです。

電源についてオーディオ的に考えるのなら、
CVケーブルや、VVFの「質」についても考えてみてはどうでしょうか?
私もVVFの被覆を剥くことがありますが、メーカによって質感が全然違いますからね。


まぁ。電気屋の電気系統設計は「許容電量」と「電圧降下」に主にターゲットをしぼっていますからね。特別に電気のオーディオ的な特性を考えているわけではありません。
ただ、オーディオ雑誌等で議論されている電源強化法等については、電気屋から見れば、ちょっと「おかしいな」と感じる部分もあります。

電源に関しては、オーディオ雑誌の情報と共に、実際の電気関係の情報も取り入れることも大切だと思います。


No.12 Re: 質問です。

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2001年06月24日(日) 10時52分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

> ノイズを分けるのなら別契約でもう一つ引き込んで、分電盤をこしらえたほうが言いと思いまよ。赤黒で分けても中性線にどちらにしてもノイズが乗りますから。
>
> CV、CVT(VCT?)は普通に基幹ラインに使われますよ。
> 鈴原さんの家にも使われているでしょう。
> 移動用の線ではありません。
> VVFは基幹ラインには使用しません。
> VVF2.6はよほどのことが無い限り使用しません。
> 工場等で電圧降下が大きくなるラインでごくたまに使うぐらいでしょうか?
>
CVとは何かが分かっていないもので、キャブタイヤとは違うのかな?
基幹ラインは、家庭内の引き回しの範囲のつもりで用いてしまいましたが、
denさんが言われているのは、違う場所に用いられるもののようですね。

ちなみに公団住宅でも別契約で分電盤はつくれるのかどうか。それ以前に
賃貸で入居しているから、自分の場合、これはかなり困難です。

ノイズ対策の有効度は、denさんが言われるとおり、

1.専用の分電盤を設ける
2.1が無理なら電源ラインを分ける
3.2も無理なら高価な電源コンディショナー、または安価なノイズ対策用
  のフィルター(QuietLineなど)を使用

といったところでしょうか。自宅はもちろん3、しかも安価なフィルター
使用程度です。


> 契約電流を大きくする=電源強化とはあまりつながらないと思います。
> バッテリーの容量が増える具合にはいかないとは思います。
>
こればっかりはやってみないと分からないですね。故長岡鉄男氏が方舟を
建てた時は、契約容量が増えたので、近くの電柱のトランスが大型のもの
に交換されたそうで、そういうケースもありますから。


> 電源強化を本気で考えるのなら、トランスからの引き込みを見直した方が良いでしょう。(大掛かりになりますが)
>
もちろん、それが出来る人はそうすればいいわけです(自分の場合は、
不可能です)。でもオーディオのためだけに、それを行うというのは
如何なものか。建替えとか新築の際に、可能であれば行えばいい範囲
だと個人的には思っています。


> メインブレーカーを変えても抵抗が変わるわけではありません。ブレーカーは
> 抵抗ではありませんし、契約電流=ダイナミックレンジでは無いのです。
>
5Aでも20Aでも60Aでも、ブレーカーの抵抗分はまったく同じということ
でしょうか? ただ、抵抗分が同じだとしても、サイズ(重量)は変わるでしょう
から、これが音に有利に働いて、聴感上のダイナミックレンジが大きくなるという
ことは、十分にあり得ます。

自宅では30Aのメインブレーカーの下面をVEMでダンプしただけで、音や映像に
変化がありましたが、個人の思い込みという危険性もあるので、他の方の追試結果を
お聞きしたいと思っています。


> 電源についてオーディオ的に考えるのなら、
> CVケーブルや、VVFの「質」についても考えてみてはどうでしょうか?
> 私もVVFの被覆を剥くことがありますが、メーカによって質感が全然違いますからね。
>
denさんのご質問がきっかけで改めてVVFの容量をネット上で調べ直して
みたのですが、結構ばらついていたので、カワイ電線というところへ問い合
わせています。最近は、環境対応VVFのような線もあって、これは被覆の
材質がVVFと違っていて、重さはVVFより軽く、しかし電流容量はVVF
の約1.3倍だそうです。

電流容量が大きいのは魅力ですが、個人的には重量減は不安材料です。
(そういうものを実際に使う機会は、当面ありませんが)


> まぁ。電気屋の電気系統設計は「許容電量」と「電圧降下」に主にターゲットをしぼっていますからね。特別に電気のオーディオ的な特性を考えているわけではありません。
> ただ、オーディオ雑誌等で議論されている電源強化法等については、電気屋から見れば、ちょっと「おかしいな」と感じる部分もあります。
>
> 電源に関しては、オーディオ雑誌の情報と共に、実際の電気関係の情報も取り入れることも大切だと思います。
>
これは、まったくそのとおりですね。電気関係について参考になる雑誌など
ありましたら、教えてください(本屋に電気工事という雑誌があったかな?)


No.13 はじめまして

投稿者名: ヒデヨシ
投稿日時: 2001年10月07日(日) 00時42分
E-Mail:tahami-t@dolphin.email.ne.jp
URL:http://

はじめまして、ヒデヨシといいます。
HPを拝見したところ氷上町の花火大会のCDの
話がありましたが、兵庫県の氷上町のことでしょうか。

私は兵庫県の氷上町の近くの篠山市に在住しています。
もしかしてお住まいもお近くかもしれないですね。

オーディオ歴という程のものは特にないのですが
音楽とかアニメとか映画は好きなのでAVとかには
興味がありました。

プレステ2とパイオニアのちょっと前の安めのLDプレーヤと
これまた5年ほど前のソニー製のミニコンポをヤマハ製
DSP-A5というAVアンプから前記のミニコンポのスピーカに
につないで音楽を聴いたり、映像をみたりしてます。

ちょっと前まで、「まあこんなもんかな、これ以上お金も
掛けられないし」といった感じで満足も不満もなかったの
ですが、ひょんなことからスピーカーケーブルをミニコンポに
付属してきたものから\500/1mくらいのケーブルに換えた
ところ、いままでよくききとれなかった歌詞がききとれる
ようになったり、低音に迫力がでたりで、本当にびっくり
するほど音がよくなりました。

これで火がついて、いろんな人のHPなんかを参考にしながら
スピーカーの下に10円玉をおいたり、電源の極性を
合わせたり、いろんなHPで音がよいと評判だったCD-ROM
プレーヤのiNFRA 52Xをつないでみたり(たまたま持ってた)
したところ、何がどう効いたのかよくわからないけど
最初からは考えられないほど良い音になりました。

でも、ここから先が難しいんですよね。
機材買い換えなんてとてもできないし、いろんな対策に
しても各HPで言ってることがまちまちだったりして
よくわからないことだらけです。

専門用語も多いですしね。f特って何?てな感じです。
(本当に何ですか?)

で、きいてみたいのですが透慈さんおすすめの
お金がかからなくて(ちょっとくらいならかまいませんが)
だれでもできる対策って他にありませんか。

まあ、そんな都合が良い対策なんてねーよ。と言われて
しまいそうですが……


No.14 Re: はじめまして

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2001年10月07日(日) 02時19分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

> はじめまして、ヒデヨシといいます。
>
はじめまして、ヒデヨシさん。管理人の鈴原透慈です。


> HPを拝見したところ氷上町の花火大会のCDの
> 話がありましたが、兵庫県の氷上町のことでしょうか。
>
そうです。兵庫県氷上町の加古川河畔で録音しました。


> 私は兵庫県の氷上町の近くの篠山市に在住しています。
> もしかしてお住まいもお近くかもしれないですね。
>
自分は神戸市在住です。氷上町の花火大会は三丹(丹波・丹後・
但馬)一という触れ込みですが、篠山市は丹波ですよね。
「デカンショ節」のふるさと、今の季節なら栗やぼたん鍋など、山の幸に
恵まれた、いいところにお住まいですね。


> ちょっと前まで、「まあこんなもんかな、これ以上お金も
> 掛けられないし」といった感じで満足も不満もなかったの
> ですが、ひょんなことからスピーカーケーブルをミニコンポに
> 付属してきたものから\500/1mくらいのケーブルに換えた
> ところ、いままでよくききとれなかった歌詞がききとれる
> ようになったり、低音に迫力がでたりで、本当にびっくり
> するほど音がよくなりました。
>
そうですよね。ちょっとしたことで、『音』っていうのは、ガラリと
姿を変えて、私たちに感動を与えてくれます。だから、面白い
し、何歳になっても止められないのでしょう。


> 専門用語も多いですしね。f特って何?てな感じです。
> (本当に何ですか?)
>
F特は、周波数特性のことです。Fは周波数、つまりFrequencyの
頭文字です。こういったオーディオ用語を説明した本やサイトは、あり
そうでなかなか無いですね。1980年頃のオーディオブームの時には、
オーディオ関係の本は山ほどあったものですが……。


> で、きいてみたいのですが透慈さんおすすめの
> お金がかからなくて(ちょっとくらいならかまいませんが)
> だれでもできる対策って他にありませんか。
>
こういう要望に応えてくれていたのが、昨年亡くなられたオーディオ評論家の
長岡鉄男氏でした。氏の著作は、ローコスト・ハイクォリティを目指す者にとっ
てはヒントの宝庫でした。
中でも「オーディオA級ライセンス」「オーディオクリニック」の2冊(現在は入手
困難)は、自分にとってはバイブルに近いもので、これなくして自分の現在の
オーディオはあり得ませんでした。
近著では、「長岡鉄男のわけのわかるオーディオ」が入手しやすいと思います。

まあ、そんな話はさておいて、お金をかけずに音が良くなる対策ですね。
音への影響度は、スピーカーのセッティング状態が一番大きいと思います。
基本は、スリップを防ぐ(手で押して簡単に動かない)、そして、ガタつきを
無くして、スピーカーの振動板だけが動いて、他の部分は一切動かないと
いう状態に近づけることです。

スリップを防ぐには、東急ハンズなどで売っている0.3ミリゴムシート(縦横50cmで
¥800)を使うのが、安上がりです。ミニコンポのスピーカーなら、2cm角程度に
切ったものを四隅に敷くといいと思います。

これで、ガタつきがなければOKですが、ガタつきがある場合、それを取り除くのに
コインを使うのもいいですが、コインだと厚すぎるケースも多いので、釣りの錘として
売られている薄い鉛シート(幅数センチ、厚さ0.2〜0.5ミリ)を使うといいでしょう。
鉛は金属ですが、やわらかいので、折ったり重ねたりすることで、厚みを調整できます。

例えば、スピーカー底板と床の隙間が0.4ミリだったとすると、0.2ミリの鉛2センチ
×4センチを半分に折ると、2センチ角の厚さ0.4ミリのスペーサーができるわけです。

値段はちょっと高くなりますが、粘着材付の鉛シート(10cm×1mで約¥1,200)
を、スリップ止めの0.3ミリゴムシートに貼り付けてガタ取りに使うのもいいでしょう。
この場合はゴムシートの方を下にして敷きます。鉛シート1枚でまだガタがある場合は、
2枚貼ります。

また、ガタ取りはスピーカー底板の四隅のうち、一箇所だけにスペーサーを挿み込んで
取るのが基本です。床が凸状でなければ、大抵は一個所でガタが取れるはずです。


> まあ、そんな都合が良い対策なんてねーよ。と言われて
> しまいそうですが……
>
オーディオ雑誌を見ると、高価なアクセサリー類が並んでいますが、むしろ日曜大工店
にあるようなものをうまく活用する方が、ローコスト・ハイクォリティのオーディオを楽しめると
思います。

ヒデヨシさんが、いい音で音楽を楽しむのに、お役に立てれば幸いです。


No.15 ためしてみました

投稿者名: ヒデヨシ
投稿日時: 2001年10月08日(月) 19時33分
E-Mail:tahami-t@dolphin.email.ne.jp
URL:http://

さっそくのご返事ありがとうございました。

今日近くのDIY店に行って、ゴムのシートを買ってきて
ためしてみました。

うーん、すごい。また良くなりました。
今までの10円玉スペーサーの時と比べて高音がよくきこえる
ようになりました。
具体的にはシンセの金属的な音とか、アコースティックギターの
音の微妙なニュアンスみたいなのがよくわかるようになりました。

それに今まできいていて音がなんとなく濁ったような感じで
不満があった曲でも、音がくっきりとした感じになり
ききやすくなった曲がたくさんあります。

ところでこういうちょっとの工夫で音がよくなりますよ的な
情報は本来なら機器のマニュアルなんかに載せてほしいなあと
思いました。

そうじゃないと本来の性能を生かせない音響機器が
世の中に氾濫してしまって、メーカーもうかばれないんじゃ
ないでしょうか。


No.16 Re: ためしてみました

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2001年10月10日(水) 03時49分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

さっそく、試されたんですね。お役に立てたようで、嬉しいです。

> ところでこういうちょっとの工夫で音がよくなりますよ的な
> 情報は本来なら機器のマニュアルなんかに載せてほしいなあと
> 思いました。
>
> そうじゃないと本来の性能を生かせない音響機器が
> 世の中に氾濫してしまって、メーカーもうかばれないんじゃ
> ないでしょうか。
>
これは、難しいところです。メーカーがこういった小技や特定のアクセサリーの
使いこなしをマニュアルに掲載するということは、ユーザーには簡単に思えても
当のメーカーにとっては、品質保証の責任が生じてしまうため、困難なことが
多いのです。

マニュアルに記載するとなると、誰が行なってもそこに記載したとおりの結果が
得られなければなりません。仮にマニュアルに「スピーカーの底板の四隅に
薄いゴムシートの小片を挿むと、音質が向上します」と書いたとすると、

・ゴムシートの厚さは何ミリがベストなのか
・ゴムシートの材質は何がベストなのか
・どういったサイズにカットすればよいのか

などといったユーザーからの問い合わせが、メーカーの相談窓口に寄せられます。
そこで、「ネオプレンゴムシートの0.3ミリ厚を2センチ角に切って下さい」と具体的に
マニュアルに記載したとすると、今度は

・どこで入手できるのか
・ネオプレンゴムでないとダメなのか
・0.3ミリ以外は使い物にならないのか
・3センチ角ではダメなのか
・本当に音が良くなるのなら、ゴムの小片をスピーカーに同梱すべきだ
・それをしないということは、欠陥品を売っているのか?

といった問い合わせや要望、あるいはクレームが寄せられてしまいます。

メーカーがそれらにすべて対応しようとすれば、当然、人件費も材料費も
かかりますから、製品価格は上がってしまいます。

でも、本当の理由は、メーカー自身も音が良くなる使いこなしを知らない
のだと思います。この辺の事情は、いろいろと差し障りがあるので、詳しく
書けませんが、いずれにしても、日本中で多くのオーディオ機器が性能を
十分に発揮できず、泣いているのは確かでしょう。

メーカーは商品が売れることが第一なので、オーディオ機器の泣き声に
耳を傾けることには、あまり熱心ではありません。ユーザーが自分でそれに
気づくしかないのです――そう、ヒデヨシさんのように。


No.17 Re^2: ためしてみました

投稿者名: ヒデヨシ
投稿日時: 2001年10月11日(木) 00時50分
E-Mail:tahami-t@dolphin.email.ne.jp
URL:http://

お返事ありがとうございます。

その後も見よう見まねでいろいろいじっています。
何をしてもちょっとずつ音が違ってきますので、
とまどいもありますけど、楽しいですね。

CDを聴く楽しみが増えたような気がします。

AUDIO TECHNIQUEのページはとても参考に
なっていますので、これからも是非更新を
していって下さい。

自分の希望としてはラックとケーブルについて
興味がありますので、是非執筆お願いします。

それではまた何か質問があれば書き込みたいと
思いますのでよろしくお願いします。


No.18 ラック記事は何とか今月中に

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2001年10月15日(月) 01時27分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

> AUDIO TECHNIQUEのページはとても参考に
> なっていますので、これからも是非更新を
> していって下さい。
>
ありがとうございます。

> 自分の希望としてはラックとケーブルについて
> 興味がありますので、是非執筆お願いします。
>
ラックの方は、何とか今月中に執筆したいと思っています。
合板ラックの製作例を掲載する予定で、すでに材料は購入済み
です。

今後とも「AUDIO TECHNIQUE」をよろしくお願いします。


No.19 コンセント換えました

投稿者名: ヒデヨシ
投稿日時: 2001年10月18日(木) 00時19分
E-Mail:tahami-t@dolphin.email.ne.jp
URL:http://

コンセントをホスピタルグレードのWN1318に
換えてみました。

これくらいで変わるのかと思ってたのですが
やっぱり音に変化が出ています。
エージング前なのでソフトによってはものすごい
音がしますけど、エージング後に期待が持てる
音がしています。

ところで交換した元のコンセントを分解して
みたのですが、なかにゴミが付着していたり
錆も少し出ている箇所があったりでかなり劣化
している様子がうかがえました。

これほど汚れているとなるとオーディオ以外の
電気器具にも影響があったのではと思われます
家のコンセントは新しいものでも10年はたって
ますから全部交換すると電気代も安くなりそうな
気がしました。


No.20 Re: コンセント換えました

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2001年10月19日(金) 03時54分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

> コンセントをホスピタルグレードのWN1318に
> 換えてみました。
>
> これくらいで変わるのかと思ってたのですが
> やっぱり音に変化が出ています。
> エージング前なのでソフトによってはものすごい
> 音がしますけど、エージング後に期待が持てる
> 音がしています。
>
オーディオはどこを触っても音が変わりますけど、コンセントは
電源ラインに直接挿入されるパーツのひとつですから、特に
影響が大きいですよね。

ただ、コンセントの交換は、電気工事の資格のある人に
行ってもらう必要があるので、誰もが手軽に、というわけには
いかないのが難点です。

> ところで交換した元のコンセントを分解して
> みたのですが、なかにゴミが付着していたり
> 錆も少し出ている箇所があったりでかなり劣化
> している様子がうかがえました。
>
自分も一年前に今の住居(築20年以上)に入居したとき、
コンセントがハイ角という古い規格のものだったので、全部
新しいものに交換しました。ネジ止めされていた屋内配線
(1.6ミリVVF)は、完全に表面が酸化して輝きを失って
いたので、剥き直してキレイな部分で接続しました。20年
前のケーブルの芯線が、被覆を剥くと新品同様の輝きと
いうのもある意味、凄いですね。

> これほど汚れているとなるとオーディオ以外の
> 電気器具にも影響があったのではと思われます
> 家のコンセントは新しいものでも10年はたって
> ますから全部交換すると電気代も安くなりそうな
> 気がしました。
>
電気代はどうかわかりませんが(^^;)、精神衛生上、
非常によろしいです。電気器具にとっても、よりベター
な動作環境になるのは間違いないでしょう。


No.21 Re^2: コンセント換えました

投稿者名: ヒデヨシ
投稿日時: 2001年10月19日(金) 21時46分
E-Mail:tahami-t@dolphin.email.ne.jp
URL:http://

透慈さん、こんにちは。

> 電気代はどうかわかりませんが(^^;)、精神衛生上、
> 非常によろしいです。電気器具にとっても、よりベター
> な動作環境になるのは間違いないでしょう。

一般に充電乾電池のメモリー効果といわれている
ものの正体のかなりの部分は、電池ボックスの
バネの力が弱くなって接触不良になっているため
だそうですから、電気代が安くなるというのも、
あながち無いとはいえないと思いますよ。


No.22 Re^3: コンセント換えました

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2001年10月20日(土) 03時17分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

> 一般に充電乾電池のメモリー効果といわれている
> ものの正体のかなりの部分は、電池ボックスの
> バネの力が弱くなって接触不良になっているため
> だそうですから、電気代が安くなるというのも、
> あながち無いとはいえないと思いますよ。
>
この情報は、初耳ですね。さっそく、ネット上でメモリー効果について
調べてみたのですが、「接触不良がメモリー効果の正体のかなりの
部分」という情報は、残念ながら見つかりませんでした。

ビデオカメラなどのバッテリーをフル充電しても、端子の汚れ(皮脂
など)が原因で長時間使えなかったというケースは確かにあるよう
ですが、そもそも、メモリー効果とは何なのか?

大手電池メーカーの三洋電機(株)ソフトエナジーカンパニーの
ホームページのFAQ、およびその中の詳細説明が分かりやすい
と思いました。

三洋電機(株)FAQ http://www.sanyo.co.jp/energy/faq1.htm
メモリー効果の詳細 http://www.sanyo.co.jp/energy/faq2.htm

自分が使用しているパイオニアのポータブルデッキD-C88のバッテリー
もメモリ効果が発生するニッカド電池で、このことは取説でも触れられて
おり、完全放電を行うリフレッシュ機能も本体に備わっています。

そういうわけで、「メモリー効果の大部分が接触不良」という意見に
対しては、自分としては「接触不良が原因で使用時間が短くなる
ケースも無いことはないだろうが、それが無くても、メモリー効果は
ニッカド電池の特性として発生する」と考えます。

ある情報を知ったとき、それをどう判断するかということは、ネット社会
ではとても重要です。そんな時に役立つのが「クリティカル・シンキング」
という方法で、要は物事を一面からだけ見るのではなく、その物事が
成立する条件を考えてみたりすると、ごく限られた条件で成立する
影響力が小さいケースを、広く一般に通用する真理だと勘違いして
しまうことを防げるわけです。

マンガでわかりやすく解説した「クリティカル進化論 『OL進化論』で
学ぶ思考の技法」 北大路書房刊(¥1,400) という本がオススメ
です。

「技術と経済」掲載の書評 http://www.moriyama.com/jates/tech_econ/jates.99.5.html

さて、コンセントの接点抵抗の話ですが、ヒデヨシさんが分解された
汚れたコンセントの抵抗は何Ωか、テスターで測ってみて下さい。

市販のテスターだと1Ω以下は測れないことも多いので、0Ωに
なるかもしれません。その場合、コンセントの抵抗は、延長コード
を余分に介して電気機器を接続した程度でしょうから、電気代で
円単位の差が出るはずもなく、ムダな電気を節約する方が、コン
セント交換よりも電気代への寄与度は遥かに大きいでしょう。

もっとも、電気機器を接続した時に、コンセントが触って熱を感じる
くらいに抵抗が大きかったとしたら、電気代云々より先に火事になら
ないかを心配するべきですね。

余談ですが、コンセントよりも、ごく普通の一体型プラグの方が熱を
持つことが多く(掃除機や電子レンジなど)、プラスチックの中で端子
の酸化が進行しているのではないかと、心配になることがあります。

ちょっとキビしい話だったかもしれませんが、高価なオカルトグッズや
カルト宗教にはまらないためにも、ぜひクリティカル・シンキングを
身に付けておいて下さい(もちろん、オーディオにも役立ちます)。


No.23 すみませんでした

投稿者名: ヒデヨシ
投稿日時: 2001年10月20日(土) 13時40分
E-Mail:tahami-t@dolphin.email.ne.jp
URL:http://

いろいろと調べていただいたり教えていただいたりで
すみませんでした。

電気代云々については、そんなこともあるかもしらん
くらいの軽い話題のつもりでしたが話を引っ張りすぎて
ご迷惑をおかけしました。

それとバネの影響が大部分という言い方も正確では
ありませんでした。すみません。

しかしバネの影響も透慈さんからご指摘があった
端子の汚れとならんで、接触抵抗による電池の性能を
フルに引き出せない原因となりうることは確かなようです。
詳しくは以下の記事を参照してください。

http://www.zdnet.co.jp/macwire/0109/14/c_yakata.html

少なくとも充電池の持ちが悪くなったときの対策として
無益ではないようです。


No.24 いや、謝っていただくようなことではないですよ

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2001年10月21日(日) 02時22分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

表題のとおりですので、どうぞ、お気になさらないように。

むしろ、知らなかった情報を教えていただいて、感謝してる
くらいです。

ただ、情報というものの扱いというか、向き合い方というか、
伝聞に振り回されるのは、危険な場合もあるので、自分で検証
できるものはできるところまで検証する、できないものは判断
を保留するしかないと思っています。

活字になって、しかも雑誌に掲載されている情報だからといって、
それが本当なのかどうか。証明するには自分がそれを体験するの
が一番ですよね。

だから、ヒデヨシさん自身がデジカメを使っていて、接点を
改善することで、バッテリーを長く使えたという体験を実際
にされていたのであれば、それはヒデヨシさん自身の情報と
して発信して問題ないと思うのですが、「〜だそうです」と
いう伝聞情報は、鵜呑みにしないように気をつけているだけ
ですので……。

> しかしバネの影響も透慈さんからご指摘があった
> 端子の汚れとならんで、接触抵抗による電池の性能を
> フルに引き出せない原因となりうることは確かなようです。
> 詳しくは以下の記事を参照してください。
>
> http://www.zdnet.co.jp/macwire/0109/14/c_yakata.html
>
> 少なくとも充電池の持ちが悪くなったときの対策として
> 無益ではないようです。
>
そう、「無益ではない」とは言えます。しかし「確かなようです」
と言って、他人の記事が出てくると、ヒデヨシさんの体験談では
なくなるので、それは伝聞となり、自分の中で情報としての重要度
(あるいは確実度)が下がってしまうのです。

なぜ、ここまで情報にこだわるのかというと、今のオーディオは
「○○ケーブルがいい」「何とかチップ最高!」「□□を使わな
ければCDは聞けない」等の「〜だからいい」という情報が氾濫
し過ぎているからです。

言ってみれば、健康食品ばかりがもてはやされて、三食きちんと
バランスよく食事をするという、本当の健康の「基本」がないが
しろにされがちな状況だと思うのです。

その原因は、伝聞や広告を鵜呑みにするところにあるような気が
するのです。

例えば、ヒデヨシさんが実験されていたスピーカーのコイン。
「スピーカーの下にコインを敷くと良い」という情報があった
のだと思いますが、そこで「なぜスピーカーの下にコインを
敷くと良いのだろう?」と考えるかどうかが、大切なのです。
つまり、鵜呑みにしないということです。

スピーカーセッティングの基本は、スピーカーの振動板のみ
が動いて、他の部分は一切動かない状態です。ガタつきや
スリップがある状態から、理想の状態に少しでも近づけるため
にコインなりゴムシートなりをケースバイケースで使うわけです。

コインが適当な場合もありますが、コインだとかえってガタや
スリップが増える場合も多いのです。

こういう応用自在な使いこなしは、故長岡鉄男氏の「オーディオ
A級ライセンス」「オーディオクリニック」といった本で学んだ
のですが、これらが入手不可能な現在は、まさにオーディオの
暗黒受難時代だと思います。

AUDIO TECHNIQUE では、ケーブルやラックを自作することで、
メーカーの広告や何百種類もある高価なアクセサリー類に溺れず
に済む「健康なオーディオ」を目指します!


No.25 Re: いや、謝っていただくようなことではないですよ

投稿者名: ヒデヨシ
投稿日時: 2001年10月22日(月) 23時56分
E-Mail:tahami-t@dolphin.email.ne.jp
URL:http://

いろいろありがとうございます。

後半特に納得できるところがたくさんありました。
オーディオに興味を持つようになって、本当に
短いのですが、いろいろと雑誌とかホームページ
とかを参考にいじっています。

でもこうすればいい、ああすればいいという記事は
たくさんあっても、結局のところなぜそうすると
良くなるのかという理屈の部分が抜けてしまっていて
知識は増えるのだけど、応用できないというか
何か奥歯にものがはさまったような消化不良の
状態だなという気持ちがすごくありました。

だから透慈さん推薦の「オーディオA級ライセンス」
とか「オーディオクリニック」は手に入らなかった
のですが、同じ著者の「わけのわかるオーディオ」は
そもそも音とは何ぞやということから始まってて
役に立ちました。

こういう本がもっとあればいいのですけどね。
それと上記の「わけの……」と同じ意味で
「サウンドクリエイターのための電気実用講座」
という本も、そもそも電気とは何ぞやという基本的な
ところから解説してくれてて参考になっています。

ところでスレッドをかえて最近疑問に思っている
ことを質問していますので、お暇な時にでも
お答え下さい。


No.26 ハイスピードとは

投稿者名: ヒデヨシ
投稿日時: 2001年10月23日(火) 00時04分
E-Mail:tahami-t@dolphin.email.ne.jp
URL:http://

表題の通りなのですが、いろいろとわかりにくい
オーディオの評価用語の中でも、私が一番わかり
にくと思ったのがこれです。

いったいどういう意味なのでしょうか。


No.27 Re: ハイスピードとは

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2001年10月25日(木) 02時49分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

> 表題の通りなのですが、いろいろとわかりにくい
> オーディオの評価用語の中でも、私が一番わかり
> にくと思ったのがこれです。
>
> いったいどういう意味なのでしょうか。
>
コレは言葉で説明するのは難しいので、本当は体験するのがイチバンなのですけど、
市販スピーカーではほとんど無理ではないかと思います。

ハイスピードとは、瞬間的な立ち上がりと立下り(インパルス)が正確に再生できている
状態だと思いますが、それを実現するためのひとつの目安として、スピーカーの動く部分
(振動板)の質量と、全体の重量との比率がどれくらいかを見るという方法があります。

ハイスピードを実感できるのは、スピーカーの振動板質量と、全体の重量比が5000倍
を超えるあたりからではないかと思っています。つまり、振動板の質量が1gの時は5kg、
10gの時は50kgというわけです。理想は10000倍ですが、7000〜8000倍ならば、まず
文句なしでしょう。

動く振動板から見て、スピーカー自体が不動の支えになるためには、それだけの質量が
必要なくらいに、音のエネルギーは大きいものです。

スピーカーの再生音でない現実の音で手軽にハイスピードの音を聞こうとしたら、自分で
手を叩いてみると良いでしょう。或いは、ガラスが割れる音とか、人の叫び声とか、金属器
(仏壇の鉦など)を叩く音とか、そういった破裂音・衝撃音に近いものです。

それらの音をきちんと再生できる質量比数千倍のスピーカーの音を聞きなれていると、
数百倍以下の市販スピーカーを聞いた時には、音が遅く感じます。耳の記憶の中の
現実音に、再生音がついてきていない感じがするのです。

だから、市販スピーカーしか聞いたことが無い場合はハイスピードは理解しにくいのでは
ないかと思います。体験すれば、すぐに分かるのではないかと思うのですが……。


No.28 Re^2: ハイスピードとは

投稿者名: ヒデヨシ
投稿日時: 2001年10月25日(木) 11時44分
E-Mail:tahami-t@dolphin.email.ne.jp
URL:http://

詳しいお返事ありがとうございます。
なんとなくわかりました。

透慈さんの解説を読んでいて、思い出したのが
タイムドメイン理論です。

いろんなホームページでタイムドメイン理論とか
その理論を応用したスピーカーとかの情報を
読んでみたのですが、ハイスピードという言葉は
使われていないですが、透慈さんが解説でおっしゃら
れたのと同じような効果があるらしいと解釈でき
ました。

実際のところどうなんでしょうか。


No.29 Re^3: ハイスピードとは

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2001年10月28日(日) 02時08分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

> 透慈さんの解説を読んでいて、思い出したのが
> タイムドメイン理論です。
>
> いろんなホームページでタイムドメイン理論とか
> その理論を応用したスピーカーとかの情報を
> 読んでみたのですが、ハイスピードという言葉は
> 使われていないですが、透慈さんが解説でおっしゃら
> れたのと同じような効果があるらしいと解釈でき
> ました。
>
> 実際のところどうなんでしょうか。
>
タイムドメイン理論は、スピーカーから発生した音波が消滅するまで
の過程を時間的に捉える、要は「音の形」をくずさないということを
目的にしているようです。

その障害となっているのが、箱(エンクロージャー)の響きであると
して、まずスピーカーユニットと箱との間に緩衝材(ダンパー)を
介して絶縁状態に近くしようとしています。そうすると、そのまま
ではスピーカーユニットを支えるものが無くなってしまいますから、
ユニットのマグネットの後ろに重りを付け加えることで、振動板が
振動するための足場を確保しています。

ですので、普通のスピーカーに比べればハイスピードと言えるかと
思います。振動板と全重量の比率は、8cmフルレンジを用いた
タイムドメイン社のYoshii9が約7800倍、12cmフルレンジを
用いたECLIPSE TD 512が約3000倍程度だと思います。

あと、タイムドメイン理論の音の形を崩さないという目的の実現
のために、Yoshii9は筒型、ECLIPSE TD 512は卵型という、角を
持たない構造がユニークですね。

ただ、スピーカーの音を評価するポイントはたくさんありますから、
タイムドメイン理論のスピーカー、或いはハイスピードの音がすべて
の人にベストというわけには、もちろんいかないでしょう。実際には
接続コードに何を使うか、またターミナルとの接続状態でもスピード
感は大きく変わってしまうようです。

いずれにせよ、実際に店頭など(もっとも販売店でいい音を聞くのは
至難という意見もありますが)でお聞きになってみるのが、イチバン
確かだと思います。


No.30 交流電流の極性について

投稿者名: hiro
投稿日時: 2001年10月28日(日) 19時14分
E-Mail:hiro-ryu@jcom.home.ne.jp
URL:http://

>はじめまして。
AVシステムを新規購入し現在配線中の者です。
>電流の極性について悩んでいたところ,このサイトにたどり着きました。
極性の記事以外も含めて全体的に大変参考になりました。
>さて,素人考えですが発見したことがあります。
その正誤についてお教え頂ければ幸いです。
>何の表示も説明も無い電源コードについてです。
そのようなコードは大体2本がくっついていますが,
片方のコードだけに規格表示があります。
こちら側がホット(+)でないでしょうか?
統一的なものではないですか?
よろしくお願いします。


No.31 Re: 交流電流の極性について

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2001年10月28日(日) 21時27分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

はじめまして、hiroさん。

> AVシステムを新規購入し現在配線中の者です。
> 電流の極性について悩んでいたところ,このサイトにたどり着きました。
> 極性の記事以外も含めて全体的に大変参考になりました。
>
ありがとうございます。

> さて,素人考えですが発見したことがあります。
> その正誤についてお教え頂ければ幸いです。
> 何の表示も説明も無い電源コードについてです。
> そのようなコードは大体2本がくっついていますが,
> 片方のコードだけに規格表示があります。
> こちら側がホット(+)でないでしょうか?
> 統一的なものではないですか?
> よろしくお願いします。
>
取扱説明書の中で、電源の極性についてはっきり書いてない場合は、
規格が印字されている側がホットかコールドかは、何とも言えません。

コンセントのように、長い方の差込み穴がコールド側というような
統一的な決まりはないようです。ですので、そういった機器の極性を
合わせるには、やはりテスターで測定して、なおかつ自分の耳で確認
されるのがベストだと思います。


No.32 Re^2: 有難うございます。

投稿者名: hiro
投稿日時: 2001年10月29日(月) 20時12分
E-Mail:hiro-ryu@jcom.home.ne.jp
URL:http://

早速の明快なご教示有難うございます。
これからもお世話になることが多くなりそうです。
私のような迷える羊を救う為,
AVの楽しみを深いものとする為に,
このサイトが永遠に充実し続けることを願います。


No.33 全くの初歩的質問で恐縮です

投稿者名: hiro
投稿日時: 2001年11月03日(土) 17時58分
E-Mail:hiro-ryu@jcom.home.ne.jp
URL:http://

AV機器の極性を手持ちのアナログテスター(安価)で測定しましたが,
針が全く振れません。
機器カタログにアースの記載が無く,端子も見当たらないので,
ネジの頭で測定しました。
当HPの記事ではデジタルテスターとなっており,
他の書籍でも「デジタルテスターで」となっていました。
アナログテスターでは駄目なのでしょうか?
それとも他に原因があるのでしょうか?
初歩的な質問ばかりで恥ずかしいのですがご教授頂ければ幸いです。


No.34 Re: 全くの初歩的質問で恐縮です

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2001年11月05日(月) 21時19分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

> AV機器の極性を手持ちのアナログテスター(安価)で測定しましたが,
> 針が全く振れません。
> 機器カタログにアースの記載が無く,端子も見当たらないので,
> ネジの頭で測定しました。
> 当HPの記事ではデジタルテスターとなっており,
> 他の書籍でも「デジタルテスターで」となっていました。
> アナログテスターでは駄目なのでしょうか?
>
えっと、まずAV機器の測定をするには、交流電圧測定(ACV)にする
必要があります。測定レンジはAC50〜100V程度が適当でしょう。

あと、ネジの頭でも塗装してあったりすると電位が測定できませんから、
ピンジャックのマイナス側に、テスターのリード棒を当てて測定してみて
下さい。

なお、デジタルテスターを使うのは、測定時に自動的にレンジが切り替
わってくれるので、数Vを測定するつもりが誤って数百Vを測ってしま
ったような時でも、テスターを壊すことなく測定ができるからです。

単純に交流電圧を測定するだけなので「デジタルだからOK、アナログ
はダメ」ということはないはずです。


No.35 Re: 全くの初歩的質問で恐縮です

投稿者名: ヒデヨシ
投稿日時: 2001年11月06日(火) 23時51分
E-Mail:tahami-t@dolphin.email.ne.jp
URL:http://

こんにちは。ヒデヨシといいます。

私の場合は前面パネルの金属部分で計ることができました。

アンプとLDの2機種で上記の部分から計ることが
できましたので、他の機種でもうまく行く場合が
多いのではないかと思います。


No.36 Re^2: もう少し試みてみます

投稿者名: hiro
投稿日時: 2001年11月20日(火) 20時50分
E-Mail:hiro-ryu@jcom.home.ne.jp
URL:http://

前面金属パネルで試みましたが駄目です。
他の機器で試みてみます。
ちなみに試みた機器は,リアプリジェクターTV,デジタルBSチューナー,
ハードデスクビデオレコーダー,です。


No.37 Re^3: もう少し試みてみます

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2001年11月22日(木) 02時07分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

> 前面金属パネルで試みましたが駄目です。
> 他の機器で試みてみます。
> ちなみに試みた機器は,リアプリジェクターTV,デジタルBSチューナー,
> ハードデスクビデオレコーダー,です。
>
うまくいかないみたいですね。お力になれないようで、残念です。念のために
確認ですが、コンセントを抜いた状態で測定しているってコトはないですよね?


No.38 レコードのクリーニングについて

投稿者名: ヒデヨシ
投稿日時: 2001年12月01日(土) 19時45分
E-Mail:tahami-t@ops.dti.ne.jp
URL:

最近、ほこりをかぶっていたレコードプレーヤーを引っ張りだしてきて
聴いてみました。

少なくとも自分の使っているCDプレーヤーとはかなり違った音が聴こえて
きてびっくりしています。
一番おどろいたのが音場のひろさとでもいえばいいのでしょうか。
私の持っているCDプレーヤーだと音のひろがりがせまくて、まるで
演奏会のミニチュアとか箱庭を見ているような気になるのですが、
レコードの場合はもっと広々というか、目の前いっぱいに音が鳴って
いるような感じがするのです。おおげさにいうと音のシャワーを
あびているような感じになります。

ただし良いことばかりじゃなくて、困ったこともあって、やはり例の
バチッバチッというノイズにはかなりまいってしまいます。
以前にもなんとかこのノイズをとろうと躍起になったこともあったの
ですが、どうしてもうまくいきませんでした。

なんとかしてこのノイズをとる方法はないのでしょうか。


No.39 Re: レコードのクリーニングについて

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2001年12月02日(日) 02時05分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

ヒデヨシさん、こんにちは。

>最近、ほこりをかぶっていたレコードプレーヤーを引っ張りだしてきて
>聴いてみました。
>
>少なくとも自分の使っているCDプレーヤーとはかなり違った音が聴こえて
>きてびっくりしています。
>一番おどろいたのが音場のひろさとでもいえばいいのでしょうか。
>私の持っているCDプレーヤーだと音のひろがりがせまくて、まるで
>演奏会のミニチュアとか箱庭を見ているような気になるのですが、
>レコードの場合はもっと広々というか、目の前いっぱいに音が鳴って
>いるような感じがするのです。おおげさにいうと音のシャワーを
>あびているような感じになります。
>
AD(アナログディスク)プレーヤーは、セッティングの調整が面倒な
機械ですが、文面から察するとサーフェイスノイズを音場感と感じられて
いるのかな? という気もしますね。シャーとかサーといった、要は
針と盤面がこすれている音です。

それよりもCDがそんな状態で聞こえているということの方が心配です。

自分のシステムでの体験ではADとCDが傾向の違う音を出したという
経験がなく、同じ音源のADとCDはほとんど変わらないクォリティでした。
もっとも、ADプレーヤーが故長岡式で一般のADプレーヤーとはかなり
条件が違うので、同列には比較できないと思いますが。

>ただし良いことばかりじゃなくて、困ったこともあって、やはり例の
>バチッバチッというノイズにはかなりまいってしまいます。
>以前にもなんとかこのノイズをとろうと躍起になったこともあったの
>ですが、どうしてもうまくいきませんでした。
>
>なんとかしてこのノイズをとる方法はないのでしょうか。
>
スクラッチノイズですね。これも何故か自分はあまり悩まされた経験が
無いのです。

一般的には、レコードクリーニングはナガオカのアルジャント(¥1000)
のような毛足の長い乾式クリーナーで十分だと思っています。トルクの
大きなプレーヤーなら回転させながらクリーナーを押し当ててほこりを
集め、最後にレコードの盤面に「ハァッ」と息を吐きかけてすくい取る
といった方法です。

液体クリーナーなどを使った結果、音溝にこびりついてしまったほこりが
ある場合は……昔はレコパックという、レコードに塗って乾いたらはがす
という商品があったのですが、現在も売っているかどうかは分かりません。
木工ボンドで代用するという手もあるみたいですが、自分はやったことが
無いので、ちょっとお勧めしかねます。

意外と見落としてしまうのが、針先のクリーニング。こびり付いた汚れは
液体式でないと落ちないでしょうが、普段から柔らかなブラシでこまめに
クリーニングするのがベストだと思います。針先の状態は20〜30倍
くらいのルーペがあれば簡単に確認できます。

いずれにしても、ADの中古盤は結構安いですから、ADプレーヤーが
あるとまた音の世界が広がりますよね。どうしてもスクラッチノイズが
取れない場合は、中古屋で同じ盤を入手するのも良いかもしれません。

以上、あんまり参考にならなくてすみません。


No.40 Re: Re: レコードのクリーニングについて

投稿者名: ヒデヨシ
投稿日時: 2001年12月02日(日) 21時15分
E-Mail:tahami-t@ops.dti.ne.jp
URL:

透慈さん、ありがとうございます。

>AD(アナログディスク)プレーヤーは、セッティングの調整が面倒な
>機械ですが、文面から察するとサーフェイスノイズを音場感と感じられて
>いるのかな? という気もしますね。シャーとかサーといった、要は
>針と盤面がこすれている音です。

文面から察する限り、サーフェイスノイズではないと思いました。
同じ録音のADとCDというのを持っていないので断定はできませんが
私の機材の場合、音に違いがでてしまうようです。

ただし、自分が使用しているのはCDがソニー製の数年前のミニコンポ
(キューブリックという名称で発売されていたものの2代目だったと
思います)のもの、ADは十数年前のミニコンポに付属のものですから
いずれにしても良い音は出ていないのでしょう。

それでもここのホームページを参考にしたりしていろいろいじった
ことで格段に音は良くなっていますので、とても感謝しています。
ありがとうございます。

>以上、あんまり参考にならなくてすみません。

そんなことはないですよ。私はAD経験がほとんどない人間なので、
とても参考になりました。ありがとうございます。


No.41 自作電源ケーブル&タップ

投稿者名: sannomi
投稿日時: 2001年12月23日(日) 00時16分
E-Mail:
URL:http://isweb1.infoseek.co.jp/~sannomi/

はじめまして、sannomi@初心者と申します。

サーチエンジンで「自作電源タップ」で検索したらこちらのHPがヒットしました。
そこで質問があるのですがよろしいですか?
今日、初めて電源ケーブルを自作しようと日本橋でパーツを買ってきました。
#アンプの電源ケーブルがいまだ添付品だったので・・
いろいろ思案していたところホスピタルグレードのプラグって3Pだけど
使ってる電源タップ(オヤイデOCB−1)は2Pだったということに気づき
どうせなら電源タップも作ろうとなりました(笑)
そこで実際の製作にあたり質問があるのですが・・

・電源タップのコンセント(松下WN1318)にケーブルを刺す時に
PCOCC単線を圧着して刺す方法とハンダ処理して刺した場合の音の違いは
あるのでしょうか?
・FLチューブはやはり必要でしょうか?<買い忘れてしまいました(笑)
ケーブルは河口無線で適当にJPSラボの3000円/mの電源用ケーブルを買ってきました。

この2点です。よろしければご教授願います。

ちなみに現システムは
CDプレーヤ:DENON DCD-1550AR<TEAC VRDS-25XSを検討中
プリメインアンプ:SANSUI α607MOSLimited
スピーカー:B&W CDM1NT
です。
冬のボーナスでようやくSPスタンドとラック、ボードを購入。
やっとまともな音が出てきました。
やっぱりホームセンターの安物TV台なんかはダメですね(^^;)
#元々今のシステムの前はミニコンポだったのでそのまま流用してました。


No.42 Re: 自作電源ケーブル&タップ

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2001年12月26日(水) 02時43分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

sannomiさん、初めまして。

>・電源タップのコンセント(松下WN1318)にケーブルを刺す時に
>PCOCC単線を圧着して刺す方法とハンダ処理して刺した場合の音の違いは
>あるのでしょうか?
>
PCOCC単線をリングスリーブで圧着する場合(自分は圧着して更にハンダ
処理をしていますが)と、ケーブルを直接ハンダ処理した場合、音の違い
は当然あると思います。しかし、どちらが良いかは個々人の音の好みも
ありますし、ハンダ付けの腕前も影響するはずなので、どちらが良いかは
何とも言えません。

ケーブルが3.5スケア(平方ミリメートル)までなら、コンセントの挿し込み
穴をキリで広げることで、ハンダ処理したケ―ブルが使えます。
この場合は、ハンダ処理する前にケーブルをしっかり縒っておくことが
ポイントだと思います。

腕前をカバーしてくれるハンダとしては、ハンダ不良低減で20年以上
実績のある日本アルミットのKR-19を使うといいと思います。銀入りハンダ
なら融点の低いWBT製が作業しやすく、お勧めです。

>・FLチューブはやはり必要でしょうか?<買い忘れてしまいました(笑)
>ケーブルは河口無線で適当にJPSラボの3000円/mの電源用ケーブルを買ってきました。
>
キャブタイヤ(VCT)の場合は、防振対策としてFLチューブは必須と
思いますが、JPSラボのケーブルで効果があるかどうかは、買ったことが
ないので残念ながら断言は出来ません。たぶんあるだろうと思います。

FLチューブは安いものですから、ぜひ試してみてください。

>ちなみに現システムは
>CDプレーヤ:DENON DCD-1550AR<TEAC VRDS-25XSを検討中
>プリメインアンプ:SANSUI α607MOSLimited
>スピーカー:B&W CDM1NT
>です。
>冬のボーナスでようやくSPスタンドとラック、ボードを購入。
>やっとまともな音が出てきました。
>やっぱりホームセンターの安物TV台なんかはダメですね(^^;)
>#元々今のシステムの前はミニコンポだったのでそのまま流用してました。
>
VRDS-25XSはいま安くなってますから、お買い得ですよね。
SPスタンド、ラック、ボードはオーディオ専門店で購入すると
結構、高くついてしまうと思いますが、やはり土台は大事ですね。


No.43 Re: Re: 自作電源ケーブル&タップ

投稿者名: sannomi
投稿日時: 2001年12月26日(水) 14時12分
E-Mail:
URL:

こんにちわ、sannomiです。
ご回答ありがとうございます。
とりあえず、完成し音の違いに感動しています。
ただJPSラボのケーブルはちょっと好みの傾向ではなかった感じ・・(^^;
まぁ鳴らして3日程度なのでもうちょっと様子みます。

>PCOCC単線をリングスリーブで圧着する場合(自分は圧着して更にハンダ
>処理をしていますが)と、ケーブルを直接ハンダ処理した場合、音の違い
>は当然あると思います。しかし、どちらが良いかは個々人の音の好みも
>ありますし、ハンダ付けの腕前も影響するはずなので、どちらが良いかは
>何とも言えません。
今回は初めての製作ということで棒型圧着端子(松下電工WV2500P)を使いました。
今後製作するときはいろいろと試してみます。

>ケーブルが3.5スケア(平方ミリメートル)までなら、コンセントの挿し込み
>穴をキリで広げることで、ハンダ処理したケ―ブルが使えます。
>この場合は、ハンダ処理する前にケーブルをしっかり縒っておくことが
>ポイントだと思います。
>
>腕前をカバーしてくれるハンダとしては、ハンダ不良低減で20年以上
>実績のある日本アルミットのKR-19を使うといいと思います。銀入りハンダ
>なら融点の低いWBT製が作業しやすく、お勧めです。
ハンダ付けは昔仕事でやってましたが最近ごぶさたです(笑)
今度ご紹介のハンダを探してみます。

>キャブタイヤ(VCT)の場合は、防振対策としてFLチューブは必須と
>思いますが、JPSラボのケーブルで効果があるかどうかは、買ったことが
>ないので残念ながら断言は出来ません。たぶんあるだろうと思います。
>
>FLチューブは安いものですから、ぜひ試してみてください。
はい、結局後日購入し使いました。
あり、なしの比較は実施してないのですが・・

>VRDS-25XSはいま安くなってますから、お買い得ですよね。
VRDS-25XSは以前から試聴して気に入ってる機種でした。
生産終了したとのことで是非入手したいです。

>SPスタンド、ラック、ボードはオーディオ専門店で購入すると
>結構、高くついてしまうと思いますが、やはり土台は大事ですね。
はい、案外高くついてしまいました(笑)
ジグソーとか工具持ってるので今度の機会には自作してみようと思います。
SPの自作も・・・<元々、なんでも自作するのが好きです


No.44 Re: Re: Re: 自作電源ケーブル&タップ

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2001年12月28日(金) 00時49分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

>とりあえず、完成し音の違いに感動しています。
>ただJPSラボのケーブルはちょっと好みの傾向ではなかった感じ・・(^^;
>まぁ鳴らして3日程度なのでもうちょっと様子みます。
>
>今回は初めての製作ということで棒型圧着端子(松下電工WV2500P)を使いました。
>今後製作するときはいろいろと試してみます。
>
端子に棒型圧着端子を使われたという事ですが、これって、パイプ状で結構
柔らかいヤツですよね? 「接合部分は固く丈夫にロスを少なく」が信条の
自分としては、コイツは音質的にメリットが少ないパーツではないかと思います。

ですので、今鳴っているのが『JPSラボ』の音だとは即断しないで欲しいのです。

接続部に丈夫で低抵抗の単線(別にPCOCCでなくてもVVFでいいと思います)を
用いる、更には圧着部分をハンダ付けするかしないかでも、好みに合うかどうかは
別にして、更に音は変わるはずなので、ぜひ実験してみて下さい。


No.45 ケーブル着脱できない機器の電源

投稿者名: t20m
投稿日時: 2002年01月16日(水) 08時47分
E-Mail:t20m@mti.biglobe.ne.jp
URL:

 始めまして。t20mといいます。

 早速質問なのですが、ケーブルが着脱できないタイプの機器の電源ケーブルにも手を
加えてみたいと考えているのですが、プラグだけでもホスピタルグレード等に交換する
と違いがあるのでしょうか?
 本当は、3Pインレットを取り付けた方がいいのかもしれませんが…
 ケーブルはそれなりに太目の物が使われているのですが、プラグがなんとなく心細い
気がします(アース線も出てますし…)。。。

 もし試したことがおありでしたら、教えて下さい。
 また、プラグ交換の際の注意点等ありましたら、教えて下さい。

 よろしくお願い致します。


No.46 Re: ケーブル着脱できない機器の電源

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2002年01月16日(水) 12時45分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

> 始めまして。t20mといいます。
>
t20mさん、始めまして。

> 早速質問なのですが、ケーブルが着脱できないタイプの機器の電源ケーブルにも手を
>加えてみたいと考えているのですが、プラグだけでもホスピタルグレード等に交換する
>と違いがあるのでしょうか?
> 本当は、3Pインレットを取り付けた方がいいのかもしれませんが…
> ケーブルはそれなりに太目の物が使われているのですが、プラグがなんとなく心細い
>気がします(アース線も出てますし…)。。。
>
> もし試したことがおありでしたら、教えて下さい。
> また、プラグ交換の際の注意点等ありましたら、教えて下さい。
>
着脱できない電源コードのプラグを交換する事で、違いは確かに生じます。

自分が最初にプラグ交換を実験してみたのは、故長岡鉄男氏の「着脱式の
余ったハイパワーアンプのコードを延長コードとして使ってみたら、プラグが
熱くなった。一体成型のプラグは端末処理に問題があるのではないか」と
いうレポートを読んだ時です。氏の単行本「喝!」にも掲載されていますが、
1990年9月の話です。

当時はホスピタルグレードなんて誰も話題にしていなかったので、普通に
売っている松下電工のねじどめ式プラグを買ってきて、プラグを切り落と
してコードをネジ止めして音を聞いてみたのですが、これが音に力が無く
一聴して気に入らなかったので、ネジ止め部分をハンダ付けして、これで
元のプラグを上回ることが出来ました。

要は、いかに接点の導通を高めるかという事が大事なのだと思います。
ホスピタルグレードのプラグはネジ止め式で、構造的にハンダ付けは無理
なので、ラチェットドライバーでギリギリまでネジを締め上げること、これ
がポイントです。

ちなみにホスピタルグレードは3ピンなのですが、壁のコンセントは3穴で
すか? 2穴の場合、2P−3P変換プラグを使うことになりますが、音質
上はお勧めできません。プラグをホスピタルグレードにされるのであれば、
壁コンセントもホスピタルグレード(松下WN1318など)へ交換されると、
より効果的だと思います。


No.47 Re: Re: ケーブル着脱できない機器の電源

投稿者名: t20m
投稿日時: 2002年01月16日(水) 12時51分
E-Mail:t20m@mti.biglobe.ne.jp
URL:

>t20mさん、始めまして。
 よろしくお願いします。

>着脱できない電源コードのプラグを交換する事で、違いは確かに生じます。
 そうなんですか。

>要は、いかに接点の導通を高めるかという事が大事なのだと思います。
>ホスピタルグレードのプラグはネジ止め式で、構造的にハンダ付けは無理
>なので、ラチェットドライバーでギリギリまでネジを締め上げること、これ
>がポイントです。
 了解しました。

>ちなみにホスピタルグレードは3ピンなのですが、壁のコンセントは3穴で
>すか? 2穴の場合、2P−3P変換プラグを使うことになりますが、音質
>上はお勧めできません。プラグをホスピタルグレードにされるのであれば、
>壁コンセントもホスピタルグレード(松下WN1318など)へ交換されると、
>より効果的だと思います。
 いえ、2Pです。。。
 壁コンセントは諸事情により交換できませんので、ホスピタルグレードの
3Pプラグのアース部を取り外してしまおうと考えていました。
 もう少し熟考する必要がありますね。

 でも、是非試してみたいと思います。
 ありがとうございました。


No.48 はじめまして。

投稿者名: 竹男
投稿日時: 2002年05月30日(木) 02時13分
E-Mail:yuno@aaanet.or.jp
URL:

はじめまして。

「あーく」の竹男と申します。
ネットサーフィン中、貴HPにたどり着きまして、
「あー、くずてつさんの生録に同行された方なんだ。」
と拝見していたところ、なんと当方の事が出ているでは
ありませんか。これはひと言申さずには去れません。

ニッシャのやつ、9500のSP端子を改造する力量
がないから、仕方なく使っているわけで、貴殿の方が
正解・正当と思います。
いずれ当方も端子交換にトライしてみます!

それにしても美しいHPですね!

ではまた。





No.49 Re: はじめまして。

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2002年06月02日(日) 00時59分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:

>はじめまして。
>「あーく」の竹男と申します。
>
はじめまして。お返事が遅れてすみません。

>ニッシャのやつ、9500のSP端子を改造する力量
>がないから、仕方なく使っているわけで、貴殿の方が
>正解・正当と思います。
>いずれ当方も端子交換にトライしてみます!
>
つい先日、店頭でニッシャの現物を見ましたが、直接ケーブルを
接続するのではなく、Yラグに接続する物だったのですね。
(道理で、くずてつ船長が『使いません』と返答されたワケです)

端子交換は万人には勧められませんが、十分注意して行なって下さい。


>それにしても美しいHPですね!
>
>ではまた。
>
ありがとうございます。デザイン面では洞木の功績が大きいです。
それでは、また。


No.50 スピーカーケーブル

投稿者名: コロラド
投稿日時: 2002年07月12日(金) 17時32分
E-Mail:
URL:

はじめまして!オーディオ暦2年の高校2年生です。
おそらく高校生でこのHPに来たのは私が初めてなのでは?
最初はaiwaのミニコンでしたが、
SPをテクニクスに、
CDPをソニーに
アンプもソニーに、
その他にもインシュレーターや金メッキSPターミナルを装着、
(今度はホスピタルグレードのコンセントに交換予定)
しかし、なかなか重要なスピーカーケーブルはどれが良いのか分らない
ので、モニターPCの80円/Mを使用しているのですが、
高音が伸びず、濁っている感じです。
私がもとめるクリアで、高音が伸び、解像度が高く、長時間聴いていても疲れない音では
ありません。スピーカーケーブルでおすすめはなんですか?
私はアルバイトしていないのでいろいろ試せません。。。

(長岡さんが絶賛していた「スピーカーケーブルにキャブタイヤケーブル」を試したの
 ですが低音重視の音でした。)


No.51 Re: スピーカーケーブル

投稿者名: ネス
投稿日時: 2002年07月13日(土) 00時44分
E-Mail:
URL:http://digiat.net/ness/station/

コロラドさん、はじめまして。
そして他のみなさんもはじめまして。

初めて書き込みします。自分も高2です。
長岡氏系のオーディオじゃなくて、ホームシアター系(5.1ch)をやってます。
自分もはじめはaiwaのMDCDミニコンから始まりました。それからONKYOのミニコン、
シアターセット、AVアンプ・・・。と。

壁コン交換とかやってるんですね。すごいっす。
自分もやろうと思ってますけど、そこまで手を出せません。工業高校に通ってるので、
別にコンセントの交換は難じゃないんですけど。

スピーカーケーブルですが、自分はモンスターケーブルXPを使ってます。
中、高音が\30/mくらいの、標準ケーブルからの交換だったので音よくなりました。
ちなみに\450/mでした。

参考になるかは、わかりませんが一応。

では。


No.52 Re: スピーカーケーブル

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2002年07月13日(土) 02時39分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:

>はじめまして!オーディオ暦2年の高校2年生です。
>おそらく高校生でこのHPに来たのは私が初めてなのでは?
>
はじめまして、コロラドさん。他にも高校生の方(ネスさん)がいらして、
私もビックリしています。

>その他にもインシュレーターや金メッキSPターミナルを装着、
>(今度はホスピタルグレードのコンセントに交換予定)
>
もう、立派なオーディオマニアのようですね。

>しかし、なかなか重要なスピーカーケーブルはどれが良いのか分らない
>ので、モニターPCの80円/Mを使用しているのですが、
>高音が伸びず、濁っている感じです。
>私がもとめるクリアで、高音が伸び、解像度が高く、長時間聴いていても疲れない音では
>ありません。スピーカーケーブルでおすすめはなんですか?
>私はアルバイトしていないのでいろいろ試せません。。。
>
>(長岡さんが絶賛していた「スピーカーケーブルにキャブタイヤケーブル」を試したの
> ですが低音重視の音でした。)
>
コロラドさんのご期待に添えなくて申し訳ないのですが、私はいろいろなスピーカー
ケーブルを比較した事がないのです。ずっとキャブタイヤしか使っていないのです。

なぜキャブタイヤしか使わないのかというと、ケーブル狂騒曲に巻き込まれるのが
面倒だからです。ケーブルやコード類は新製品が出れば、必ず絶賛される商品です。
オーディオ雑誌や販売店はそれが商売ですから、生活していくためには、それらが
売れ続けなければ困るわけです。

ですから、数多あるケーブルの中には本当に優れた物もあるのでしょうが、逆に
言えば大同小異であっても、大差があるように宣伝されて見分けがつかないのが
現実です。そういう世界と付き合って、心の平安が失われるのがイヤなのです。

もうひとつ、キャブタイヤを使う理由は、芯線が太く丈夫で被覆がしっかりして
おり、振動に強いケーブルが、1m数百円で入手できるという、その安さです。
音質については、コロラドさんは「低域重視」と感じられたようですが、キャブ
タイヤ(念のため確認しますがVCTですよね? VCTFはケーブルではなく
コードになります)のように、芯線が太いケーブルは接続してすぐには真価を
発揮しません。特に一般的なネジ締め式のターミナルであれば、使い始めは
毎日でも増し締めをして、しっかりと固定してやる必要があります。

あとは、出来ればポリエステルの網チューブ(FLチューブやSFチューブ)を
被せてみて下さい。

そうして最低でも1ヶ月は使ってみて、それでも不満が感じられるようでしたら、
高価なオーディオケーブルを試されてみてはいかがでしょう。もっとも一番大事
なのは「自分が気に入った物を、最初は変な音でも信じて使うこと」で、他人の
勧めで購入した物だとすぐに不満が出やすいのも事実ですが……。ケーブルにも
エージングがありますから、ある程度のガマンも必要かもしれません。

私自身も4月にケーブルを新品に交換して、2ヶ月ほど暗中模索しましたが、
現在は交換前の音にほぼ近づいてきました。エージングには、せせらぎとか
花火とか超高音や超低音が含まれた自然音の生録が良いようです。


No.53 Re: Re: スピーカーケーブル

投稿者名: コロラド
投稿日時: 2002年07月13日(土) 10時00分
E-Mail:
URL:

>なぜキャブタイヤしか使わないのかというと、ケーブル狂騒曲に巻き込まれるのが
>面倒だからです。ケーブルやコード類は新製品が出れば、必ず絶賛される商品です。
>オーディオ雑誌や販売店はそれが商売ですから、生活していくためには、それらが
>売れ続けなければ困るわけです。

私はケーブル狂騒曲に半分巻き込まれているようです。

>もうひとつ、キャブタイヤを使う理由は、芯線が太く丈夫で被覆がしっかりして
>おり、振動に強いケーブルが、1m数百円で入手できるという、その安さです。
>音質については、コロラドさんは「低域重視」と感じられたようですが、キャブ
>タイヤ(念のため確認しますがVCTですよね? VCTFはケーブルではなく
>コードになります)のように、芯線が太いケーブルは接続してすぐには真価を
>発揮しません。特に一般的なネジ締め式のターミナルであれば、使い始めは
>毎日でも増し締めをして、しっかりと固定してやる必要があります。

VCTです。

>あとは、出来ればポリエステルの網チューブ(FLチューブやSFチューブ)を
>被せてみて下さい。

FLチューブ近所じゃ売っていないんですよ、秋葉原に行って買ってみます。

>そうして最低でも1ヶ月は使ってみて、それでも不満が感じられるようでしたら、
>高価なオーディオケーブルを試されてみてはいかがでしょう。もっとも一番大事
>なのは「自分が気に入った物を、最初は変な音でも信じて使うこと」で、他人の
>勧めで購入した物だとすぐに不満が出やすいのも事実ですが……。ケーブルにも
>エージングがありますから、ある程度のガマンも必要かもしれません。

1ヶ月位、気も含めたエージングが必要ですか、まだ3週目です。
あと一週間ガマンして結果を出します。


No.54 Re: Re: スピーカーケーブル

投稿者名: コロラド
投稿日時: 2002年07月13日(土) 10時15分
E-Mail:
URL:

>コロラドさん、はじめまして。

はじめまして、HP行きましたよ!しかも投稿しました!

>初めて書き込みします。自分も高2です。
>長岡氏系のオーディオじゃなくて、ホームシアター系(5.1ch)をやってます。
>自分もはじめはaiwaのMDCDミニコンから始まりました。それからONKYOのミニコン、
>シアターセット、AVアンプ・・・。と。

私も元々シアター系でした、いつからかピュアの方になりました。

>壁コン交換とかやってるんですね。すごいっす。

まだやってないですけど、夏休み中には絶対交換するでしょう。

>スピーカーケーブルですが、自分はモンスターケーブルXPを使ってます。
>中、高音が\30/mくらいの、標準ケーブルからの交換だったので音よくなりました。
>ちなみに\450/mでした。

標準ケーブルからモニターPCの\80/mに替えたときは感動的でした!特に高音域!
\200/mのモンスター試した事あるのですが、私好みではありませんでした。。
モンスターはプロが好むらしいので、出力何千ワット級のアンプでないと
力が発揮できないのではないか?と思いました。


No.55 Re: Re: スピーカーケーブル

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2002年07月13日(土) 11時06分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:

>コロラドさん、はじめまして。
>そして他のみなさんもはじめまして。
>
>初めて書き込みします。自分も高2です。
>
ネスさん、はじめまして。ホームページも拝見しました。なかなかのモノですね。

>長岡氏系のオーディオじゃなくて、ホームシアター系(5.1ch)をやってます。
>自分もはじめはaiwaのMDCDミニコンから始まりました。それからONKYOのミニコン、
>シアターセット、AVアンプ・・・。と。
>
自分もそうでしたが、オーディオやAVって、やっぱりハイティーンに
人気あるようですね。

>壁コン交換とかやってるんですね。すごいっす。
>自分もやろうと思ってますけど、そこまで手を出せません。工業高校に通ってるので、
>別にコンセントの交換は難じゃないんですけど。
>
ホスピタルグレードは抵抗値も低く、機構的にもしっかりとコンセント
を挿せるので、ぜひ試してみてください。

>スピーカーケーブルですが、自分はモンスターケーブルXPを使ってます。
>中、高音が\30/mくらいの、標準ケーブルからの交換だったので音よくなりました。
>ちなみに\450/mでした。
>
モンスターケーブルは使ったことが無いんですよね。とは言え、普通の安物の
赤黒並行ケーブルよりいいのは当然なのかな。

ただ、モンスターケーブルの宣伝で疑問に思っているのは、表皮効果を避ける
ために低域用と高域用で太さの異なる導体を使用していると説明している点です。
たかだか20kHz程度の低周波で、しかもオーディオケーブルに流れる電流
程度で明確な表皮効果が出るものなのか。変電所のような場所であれば、電線
ではなく電管を使うほど、表皮効果が発生するのですけどね。

http://www.asahi-net.or.jp/~js4m-isgi/tettou/tettous03.htm

それにケーブルの太さで流れる周波数が変わるのなら、マルチウェイのスピーカー
に周波数分割のためのネットワークは不要ということになるので、個人的には
これは納得しかねる説明です。

ただ、太さが異なる導体を使用すること自体は、上手く構成されていれば、
振動対策上有効ですから、無意味ではないはずです。その点ではモンスター
ケーブルはよく出来たケーブルなのかもしれません。私にとっては、説明
文で損をしているケーブルです。

ちなみに、そこそこまともな説明をしているケーブルメーカーはAET
くらいではないかと思っています。

http://www.powerhill.com/aet/japan/report.html


No.56 Re: Re: Re: スピーカーケーブル

投稿者名: ネス
投稿日時: 2002年07月13日(土) 12時33分
E-Mail:master@nessnet.office.to
URL:http://digiat.net/ness/station/

>ネスさん、はじめまして。ホームページも拝見しました。なかなかのモノですね。
ありがとうございます。

>自分もそうでしたが、オーディオやAVって、やっぱりハイティーンに
>人気あるようですね。
でも、最近の若い人は音あんまり気にしてないみたいですけど。

>ホスピタルグレードは抵抗値も低く、機構的にもしっかりとコンセント
>を挿せるので、ぜひ試してみてください。
試してみたいんですけどねぇ。この辺りで売ってないのでネット注文になってしまって、
送料の方が高かったりするんで・・・。

>モンスターケーブルは使ったことが無いんですよね。とは言え、普通の安物の
>赤黒並行ケーブルよりいいのは当然なのかな。
自分の使ってるやつは、ぶっといモンスターケーブルじゃなくて、XPなので細いです。
モンスターの前は、オーディオテクニカかどこかの\200/mくらいのケーブルでした。
ONKYOのスピーカーはモンスターとの相性が良い気がします。
ってかモンスターケーブルの日本販売メーカーの一つですしね。イースとONKYOでしたか。覚えてませんが。

ホスピタルグレードコンセントって3Pですよね?
今の壁コンはアース無しなんで、アース線取らないといけないんでしょうか???
2階だし、アース線は2m以内じゃないとノイズを拾うから取らない方がマシ。と聞いたことがあります。

では。また。


No.57 Re: ホスピタルグレードのアース

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2002年07月14日(日) 22時15分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:

>>自分もそうでしたが、オーディオやAVって、やっぱりハイティーンに
>>人気あるようですね。
>でも、最近の若い人は音あんまり気にしてないみたいですけど。
>
あらら、そうなんですか。それは残念。

>>ホスピタルグレードは抵抗値も低く、機構的にもしっかりとコンセント
>>を挿せるので、ぜひ試してみてください。
>試してみたいんですけどねぇ。この辺りで売ってないのでネット注文になってしまって、
>送料の方が高かったりするんで・・・。
>
WN1318なら松下電工扱いですから、近所の電気屋さんで注文すれば
入手できるかもしれません。

>ホスピタルグレードコンセントって3Pですよね?
>今の壁コンはアース無しなんで、アース線取らないといけないんでしょうか???
>
オーディオ機器相手であれば、アース線が来ていない場合は、普通に黒線と白線を
接続するだけで、アースは未接続でも構いません。私の家もそうなっています。

>2階だし、アース線は2m以内じゃないとノイズを拾うから取らない方がマシ。と聞いたことがあります。
>
理論的根拠のない話をされる方がいらっしゃるものですね。その方はアース線の
長さを2m未満と2m以上で実際に比較されて言われているのでしょうか?

オーディオ機器でアースを取ると音が良くなるかどうかは、私自身は試したこと
はありませんが、故長岡鉄男先生はケースバイケースだと言われています。
アースの問題は距離もあるかもしれませんが、最終的に接続される地面の状態が
肝心です。
アースに適した地面、あまり適さない地面というものがあるので、もしアースを
設置するのであれば、電気屋さん(電気工事士)に相談した方がよいでしょう。


No.58 Re: 気!?

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2002年07月14日(日) 23時27分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:

>私はケーブル狂騒曲に半分巻き込まれているようです。
>
私も故長岡鉄男氏がいなければ、巻き込まれていたでしょうね。もっとも、
狂騒曲に付き合うほどの財力もありませんが。

>VCTです。
>
ちなみに、断面積は何スケアですか? もし5.5スケアだったら、
末端処理をきちんと行なう必要があります。

>1ヶ月位、気も含めたエージングが必要ですか、まだ3週目です。
>あと一週間ガマンして結果を出します。
>
気!? えっと……「気に入った」とは単純に「自分のポリシーに合った」と
いう意味です。「信じて使う」とは、念仏を唱えて待つというような受動的な
意味ではなく、良い結果を出すために、自分に出来るあらゆること(セッティ
ングなど色々な使いこなし)を試し尽くし、最後は天啓を待つといった、むしろ
能動的な意味です。

先にも書きましたが、より効率的にエージングを行なうには、それに適した
音源があります。私の場合、今回5.5スケアVCTで、それだけ手をかけて
2〜3ヶ月はエージング期間であったと思います。
秋葉原に行けるのであれば、XLO社のバーンインディスク(¥4,600)を入手
されると良いかと思います(ダイナミックオーディオ中古センター内アクセサリー
センターなら¥4,000のようです)。

http://www.be.wakwak.com/~bebe1998/discs/xlo-guide.htm
http://www.dynamicaudio.co.jp/audio/acc/issy/issy_acc.html

オーディオは色々な要素が絡むので、スピーカーケーブル交換だけですべての
問題や不満が解決するというわけには、なかなかいきません。逆にVCTは
今まで隠れていたコロラドさんの装置の問題点を明らかにしてしまっている
のかもしれません。

故長岡鉄男氏のオーディオクリニックのように、コロラドさんのお宅にお邪魔
できれば、もう少しアドバイスのしようもあるかと思いますが、装置の使用状況
が分からないため、どうしようもありません。お力になれず、すみません。


No.59 Re: Re: 気!?

投稿者名: コロラド
投稿日時: 2002年07月15日(月) 15時10分
E-Mail:
URL:

>ちなみに、断面積は何スケアですか? もし5.5スケアだったら、
>末端処理をきちんと行なう必要があります。

ケーブルを買った当時はまだスピーカーターミナルが小さかったので、
1.25スケアです。これが限界でした、端末はねじねじしてあるだけです。

>気!? えっと……「気に入った」とは単純に「自分のポリシーに合った」と
>いう意味です。「信じて使う」とは、念仏を唱えて待つというような受動的な
>意味ではなく、良い結果を出すために、自分に出来るあらゆること(セッティ
>ングなど色々な使いこなし)を試し尽くし、最後は天啓を待つといった、むしろ
>能動的な意味です。

壁から離したりしてセッティングしたら、なかなか好みの音になってきました。
結構病みつきです。

>先にも書きましたが、より効率的にエージングを行なうには、それに適した
>音源があります。私の場合、今回5.5スケアVCTで、それだけ手をかけて
>2〜3ヶ月はエージング期間であったと思います。
>秋葉原に行けるのであれば、XLO社のバーンインディスク(¥4,600)を入手
>されると良いかと思います(ダイナミックオーディオ中古センター内アクセサリー
>センターなら¥4,000のようです)。

4000円ですか今月の私にとってなかなかのお値段(^^ゞ
財布と相談してみます。


No.60 見つけました!SPケーブル!

投稿者名: コロラド
投稿日時: 2002年07月17日(水) 19時05分
E-Mail:
URL:http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e12696768





No.61 せせらぎCD

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2002年07月17日(水) 21時23分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:

>ケーブルを買った当時はまだスピーカーターミナルが小さかったので、
>1.25スケアです。これが限界でした、端末はねじねじしてあるだけです。
>
1.25スケアのVCT(キャブタイヤケーブル)は、私自身は売っているのを
見たことがないのですよ。VCTF(キャブタイヤコード)ならホームセンター
等で普通に売っていますけど。
VCTは耐圧600V、VCTFは耐圧300Vで、VCTは被覆が2重になって
います。
いずれにせよ、1.25スケアはスピーカー内部配線には適当かと思いますが、
個人的にはスピーカーケーブルとして使う気にはなれません。最低でも2.0
スケア以上にしたいところです。

あと、芯線をねじる時は指で直接触ってはダメですよ。メガネふきなどの超極細
繊維布を介してねじるとGOODです。

>壁から離したりしてセッティングしたら、なかなか好みの音になってきました。
>結構病みつきです。
>
昔はスピーカーを壁に近づけると低音が増強されるということで、そういう
セッティングが推奨されましたが、現在では反射の悪影響がクローズアップ
されるようになってきており、出来るだけ壁から離した方がスピーカー本来
の音を聞くことができます。

>>先にも書きましたが、より効率的にエージングを行なうには、それに適した
>>音源があります。私の場合、今回5.5スケアVCTで、それだけ手をかけて
>>2〜3ヶ月はエージング期間であったと思います。
>>秋葉原に行けるのであれば、XLO社のバーンインディスク(¥4,600)を入手
>>されると良いかと思います(ダイナミックオーディオ中古センター内アクセサリー
>>センターなら¥4,000のようです)。
>
>4000円ですか今月の私にとってなかなかのお値段(^^ゞ
>財布と相談してみます。
>
でしたら、「せせらぎ」のCDをお勧めします。こちらは¥1,300です。
一晩かけっ放しにしておくと、かなり音が変わるはずです。
dellaレーベルのネイチャーサウンドギャラリーNSG−004です。
オンラインショッピングも出来ます。

http://www.della.co.jp/


No.62 Re: 見つけました!SPケーブル!

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2002年07月18日(木) 02時44分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:

>キャブタイヤは私好みではありませんでした。
>
まあ、好みは自由ですから。ただ1.25スケア程度のキャブタイヤ(しかも
ケーブルではなくコードかもしれない)で結論を出されても困るな、というのが
正直なところですが。

>いろんなサイトを放浪していたら、管理人の方がすごく絶賛しているケーブルがありました。
>高価なケーブルと思われたでしょう?違います!
>
音は価格に正比例するものではないので、そんなことは微塵も思いませんでしたよ?

>それは「ソニーの既製SPケーブル」です!
>この方は最高評価を受けたケーブルや、受賞ケーブル、リファレンスなどいろんなケーブルを試されたそうです。しかしこれでは満足できなかったようで、行き詰まったそうです。そしてある日ソニーのSPケーブルを購入してそのすばらしさに驚かれたそうです。
>
>その方は後にソニーのSPケーブル(中国製5m)+ソニーのピンケーブル(マレーシア製1m)のベストな組み合わせを薦めていらっしゃいます。
>
>これは試すしかありません!パッケージを見てちょっとためらいましたが買ってきました!
>・・・初日は「前のより良い!」程度でしたが三日目の今日は「すごい!とてもいいです!高音が伸び、メリハリがあります!解像度もあり私好みです!」
>もう虜です(笑)ソニー様様です!
>
良かったですね。私はメーカー製のピンケーブルには満足できないので、情報量の
多い直径2ミリの単線で自作していますが、メーカー製で満足できるのなら、それ
はそれで幸福だと思います。

評価は比較の基準を何に置くかで、変わってしまうものですが、自分の場合は「生
演奏、または生の音と勘違いできる音が再生できるかどうか」にポイントを置いて
います。そこが、たぶんコロラドさんと評価が異なった原因ではないかと思います。

ソニーを使われている方の音の好みは、コロラドさんに合っているようですから、
今後、オーディオの使いこなし等の質問はその方に聞かれる方が良いのでは?

>あと電源タップを夏休みに作ろうと思うのですが、「FLチューブ」がコスト面でクセモノなので某オークションで見つけたのですが安いですか?↓です
>http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e12696768
>
GOOGLEなどの検索サイトで「FLチューブ」と「価格」をキーワードにして検索
してみて下さい。また、私のページでも工作に使用した材料の価格情報は明示
しています。
http://matock.com/audio/02_03.htm

ネット上では、こういう自分で調べる手間をかければ簡単に分かる情報を、安易に
他人に質問することは、よろしくありません。回答する側は貴重な時間を割いて
手間をかけて回答文を作成しているのだということを留意しておいて下さい。

コロラドさんの投稿が「安いですか?」という質問ではなく「安いのを見つけました」
という情報提供であれば、私も「貴重な情報をありがとうございました」とお礼が
出来たのですが。


No.63 Re: せせらぎCD

投稿者名: コロラド
投稿日時: 2002年07月18日(木) 21時10分
E-Mail:
URL:

これは財布にやさしいCDですね、今度購入しようと思います。
ありがとうございます。


No.64 Re: Re: 見つけました!SPケーブル!

投稿者名: コロラド
投稿日時: 2002年07月18日(木) 21時14分
E-Mail:
URL:




No.65 ヒグラシの音

投稿者名: はせしん
投稿日時: 2002年07月23日(火) 02時25分
E-Mail:s1080182@u-aizu.ac.jp
URL:

こんにちは♪

そろそろ、家の近所ではヒグラシがいい感じに鳴き始めていて季節の移り変わりを感じます
以前、鈴原さんにヒグラシの音を延々とCD一枚分録音したCDを領付して頂きたいとお願いさせていただいたのを覚えてらっしゃいますか?
領府CD第2弾としてぜひお願いしたいのですが今年は大丈夫でしょうか?

宜しくお願いします


No.66 Re: ヒグラシの音

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2002年07月27日(土) 09時09分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:

>こんにちは♪
>
こんにちは。お返事が遅くなっちゃってすみません(週末でないと
どうも更新できなくて)。

>そろそろ、家の近所ではヒグラシがいい感じに鳴き始めていて季節の移り変わりを感じます
>
会津では、もうヒグラシが鳴いているんですね。こちら(神戸)では
アブラゼミが朝からジワジワ鳴いて、やかましいことこの上なしです。

>以前、鈴原さんにヒグラシの音を延々とCD一枚分録音したCDを領付して頂きたいとお願いさせていただいたのを覚えてらっしゃいますか?
>領府CD第2弾としてぜひお願いしたいのですが今年は大丈夫でしょうか?
>
>宜しくお願いします
>
いいですね、ヒグラシのCD。鳴いている場所が近所にあるかなぁ?
見つかればぜひ実現したいのですが。


No.67 Re: Re: ヒグラシの音

投稿者名: はせしん
投稿日時: 2002年07月30日(火) 00時31分
E-Mail:s1080182@u-aizu.ac.jp
URL:

>こんにちは。お返事が遅くなっちゃってすみません(週末でないと
>どうも更新できなくて)。

いえいえ、お忙しいところすいません。

>会津では、もうヒグラシが鳴いているんですね。こちら(神戸)では
>アブラゼミが朝からジワジワ鳴いて、やかましいことこの上なしです。

はい、昼はアブラゼミが鳴いてますが夕方は涼しげな音が何所からともなく聞こえてきてとてもいいです。
気温は暑いですが・・・

>いいですね、ヒグラシのCD。鳴いている場所が近所にあるかなぁ?
>見つかればぜひ実現したいのですが。

おぉ。よろしくお願いします。
六甲山当たりに行けば聞こえるかと。
できれば車の音とか、人工的な音が入ってないほうが嬉しいですね。
すごく贅沢でわがままなことをお願いしてますけども・・・

期待してお待ちしております。


No.68 ピンケーブル

投稿者名: 植木
投稿日時: 2002年10月22日(火) 16時34分
E-Mail:oops@rose.sannet.ne.jp
URL:http://www.rose.sannet.ne.jp/oops

鈴原さん、はじめまして。植木と申します。
以前からホームページは見させていただいていました。

さて、今回お聞きしたいのはピンケーブルの件です。
昨日のC-290Vの裏側の写真に写っているのから推測すると
単線で自作されているように思いました。
他の長岡派の方々も6N単線で自作されている方が多くいらっしゃいますね。
かくいう私も以前はFケーブルで自作していたのですが、最近は思うところ
あって、普通の縒り線になっています。(2スケキャブタイアを使用したものと
ネグレックスの2497を使用したもの)
両方一長一短ありますが、どうしても単線の金属的な響きが気になって
しまいます。
ダンプの仕方、線材の選定等でかなり押さえ込めると思うのですが...
鈴原さんのはどのような構造になってらっしゃるのでしょうか?
差し支えなければ、教えていただけませんか。

私が以前自作していたのは、普通のFケーブルをブチル1重巻き->テフロンテープ
->編組線->自己融着テープ2重巻き->SFチューブでした。

現在使用している2スケキャブタイアのものは銅箔テープ->ブチル2重巻き->自己融着
テープ2重巻き->編組線(むき出し)というものです。
両方ともピンプラグは特別高価なものではなくて、ごく普通の物です。

キャブタイア使用のものは特徴の無いのが特徴という感じです。(笑)
Fケーブル使用のものはダイナミックでコントラスト明確という感じでした。


No.69 アキュフェーズのプリアンプ

投稿者名: 竹男
投稿日時: 2002年10月22日(火) 22時37分
E-Mail:yuno@aaanet.or.jp
URL:

こんばんは、竹男です。
ここでは、初めまして、でしたっけ??

当方は、フォノイコライザーに大変困っておりまして、現在、
暫定的にC−270をフォノイコライザーまたはプリアンプ
として使用中で、アキュフェーズの最近の高級プリに大変興味が
あります。自分で聴いてみなければ分からない、ということを
承知の上で、お伺いしております。

当方の田舎では、アキュフェーズに限らず、実物を触ったり
貸し出しをしているお店がなく、いつも悔しい思いをしてい
まして、くずてつさんのHPに掲載されたM85さんの試聴記
と対比して読ませて頂き、実に興味深い試聴記でした。

もしC−290をお聴きになったことがあれば、今回に試聴と
比べ、感想でも結構ですのでお教え下さいませんでしょうか。
AD−290のご試聴のご経験がなくてもかまいませんです。



No.70 Re: ピンケーブル

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2002年10月24日(木) 01時41分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

植木さん、はじめまして。鈴原透慈です。

>鈴原さんのはどのような構造になってらっしゃるのでしょうか?
>差し支えなければ、教えていただけませんか。
>
芯線は2mmのPCOCC単線、昔オヤイデ電気で扱っていた物です。
当時はテフロンチューブが無かったので、テフロンテープを貼って、
ブチルゴムをのり巻きのように貼り、更にブチルゴムを斜めに2重貼り
して、綿バイアステープを巻いて、FLチューブを被せています。

ピンプラグはWBTですが、付け根をホットメルトで固めたら、変な
音になったので(ケーブルの振動がダイレクトに伝わってしまった?)
プラグをブチルゴムでダンプして、ようやくホットメルト対策前の
音に戻ったという経験があります。

以上、ご参考になりましたら、幸いです。


No.71 Re: アキュフェーズのプリアンプ

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2002年10月24日(木) 02時10分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

竹男さん、こんばんは。鈴原透慈です。

>当方の田舎では、アキュフェーズに限らず、実物を触ったり
>貸し出しをしているお店がなく、いつも悔しい思いをしてい
>まして、くずてつさんのHPに掲載されたM85さんの試聴記
>と対比して読ませて頂き、実に興味深い試聴記でした。
>
M85さんは、C−290VはC−2800の足元にも及ばない
と書かれていましたが、インレットの噛合せの改善を行なえば
肉迫すると個人的には感じています。あとは基本的な音の描写の
問題で、自分はC−290Vの豊かな表現力が好みです。M85
さんのように、高解像度とハイトランジェントのみを求めるので
あれば、C−2800でしょう。

>もしC−290をお聴きになったことがあれば、今回に試聴と
>比べ、感想でも結構ですのでお教え下さいませんでしょうか。
>AD−290のご試聴のご経験がなくてもかまいませんです。
>
残念ながら、C−290は聴いたことがありません。C−290
発売の頃はPC−5Proを使っていましたから、高級プリには
まったく興味が無かったのです。

アナログについてですが、AD−2800はC−17とペアで
エージングが進めば、かなりのパフォーマンスを示すだろうな
という手応えは今回の貸出で確認できました。AD−290の
性能が気になるところですが、こちらも聴いたことがないので、
自分としても何とかしたいな、とは思っています。


No.72 Re: Re: ピンケーブル

投稿者名: 植木
投稿日時: 2002年10月24日(木) 08時34分
E-Mail:oops@rose.sannet.ne.jp
URL:http://www.rose.sannet.ne.jp/oops

鈴原さん、おはようございます。

>芯線は2mmのPCOCC単線、昔オヤイデ電気で扱っていた物です。
>当時はテフロンチューブが無かったので、テフロンテープを貼って、
>ブチルゴムをのり巻きのように貼り、更にブチルゴムを斜めに2重貼り
>して、綿バイアステープを巻いて、FLチューブを被せています。

なるほど。やはり被服ポイントになるような気がしてきました。

>ピンプラグはWBTですが、付け根をホットメルトで固めたら、変な
>音になったので(ケーブルの振動がダイレクトに伝わってしまった?)
>プラグをブチルゴムでダンプして、ようやくホットメルト対策前の
>音に戻ったという経験があります。

ホットメルトより弾性のあるものだとダンプも出来て一石二鳥ですが
それだと固定は強固にならないですね。

>以上、ご参考になりましたら、幸いです。

参考になりました。
タフピッチ銅の普通のFケーブルだとどうしても癖がつきやすいような
気がして、ダンプ構造をどうしようか考えているところなんです。
また、なにかありましたらよろしくお願いします。


No.73 Fケーブルの ピンコード

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2002年10月25日(金) 21時53分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

>タフピッチ銅の普通のFケーブルだとどうしても癖がつきやすいような
>気がして、ダンプ構造をどうしようか考えているところなんです。
>
Fケーブルの直径は、1.6、2.0、2.6mmの3種類がありますが、
どれをお使いでしょうか?

自分がアナログ用に使っているのは、10年くらい前に作った2.6mmの
Fケーブルです。太すぎるので、ピンプラグの+側のパイプに差し込むには
ナイフで若干削る必要があります。アナログ用には、さすがにシールドが
必要だったので、無線用の5D2Vケーブルを剥いて、その編線を被せて
います。ダンプ効果もあると思います。

硬い芯線のケーブルを使うコツは、癖を感じたとしても、それが無くなる
まで使い続けるということかもしれません。自分の場合は、癖があっても
素性の良さが感じられるようだったら、3ヶ月〜半年ほど気長に待って
みることにしています。


No.74 Re: Fケーブルの ピンコード

投稿者名: 植木
投稿日時: 2002年10月26日(土) 01時37分
E-Mail:oops@rose.sannet.ne.jp
URL:

鈴原さん、こんばんは。植木です。

>Fケーブルの直径は、1.6、2.0、2.6mmの3種類がありますが、
>どれをお使いでしょうか?

2.0mmと2.6mmです。
つい先日まではDVD-プリ-パワーには2.6mmのもの、その他には2.0mmのものを
使用していました。

>自分がアナログ用に使っているのは、10年くらい前に作った2.6mmの
>Fケーブルです。太すぎるので、ピンプラグの+側のパイプに差し込むには
>ナイフで若干削る必要があります。アナログ用には、さすがにシールドが
>必要だったので、無線用の5D2Vケーブルを剥いて、その編線を被せて
>います。ダンプ効果もあると思います。

私も編組線被せてます。100mの束で買った後輩がいまして(当然別用途ですが)
時々足らなくなったら、わけてもらっています。

>硬い芯線のケーブルを使うコツは、癖を感じたとしても、それが無くなる
>まで使い続けるということかもしれません。自分の場合は、癖があっても
>素性の良さが感じられるようだったら、3ヶ月〜半年ほど気長に待って
>みることにしています。

やはりエージングで落ち着くまで待つのがポイントになりそうですね。
明日、オヤイデに注文していたSFチューブの6mmが来ますので、ぼちぼち
新しい物を考えます。
その前にピンプラグ買わないと。

ところで私は仕事柄、よく台湾に出張するのですが(以前住んでました)
いつも行くパーツ屋に、なんちゃってWBT,シャークワイア,トリテック
などなど、見た目まんまのプラグが有ります。
最近はもっぱらそれを買って使ってます。


No.75 Re: Re: アキュフェーズのプリアンプ

投稿者名: 竹男
投稿日時: 2002年10月26日(土) 20時32分
E-Mail:yuno@aaanet.or.jp
URL:

こんばんは、鈴原透慈さん。

>M85さんは、C−290VはC−2800の足元にも及ばない
>と書かれていましたが、インレットの噛合せの改善を行なえば
>肉迫すると個人的には感じています。あとは基本的な音の描写の
>問題で、自分はC−290Vの豊かな表現力が好みです。M85
>さんのように、高解像度とハイトランジェントのみを求めるので
>あれば、C−2800でしょう。
何となくではありますが、その感じというものが伝わってきました。
ありがとうございました。

>>もしC−290をお聴きになったことがあれば、今回に試聴と
>>比べ、感想でも結構ですのでお教え下さいませんでしょうか。
>>AD−290のご試聴のご経験がなくてもかまいませんです。
>残念ながら、C−290は聴いたことがありません。C−290
>発売の頃はPC−5Proを使っていましたから、高級プリには
>まったく興味が無かったのです。
そのときのお気持ちは、当方も理解できます。一度、高級プリ
の音を比較試聴してしまいますと、特に静寂感や質感の違いに
驚かされ、高級機の領域に入りたくなってしまいますよね。

>アナログについてですが、AD−2800はC−17とペアで
>エージングが進めば、かなりのパフォーマンスを示すだろうな
>という手応えは今回の貸出で確認できました。
うーん、やはりC−17は手放せないということですか。

>AD−290の性能が気になるところですが、こちらも聴いた
>ことがないので・・・
それは残念でしたが、大変参考になりました。誠に有り難う
ございました。


No.76 デジタルテスターについて

投稿者名: たかし
投稿日時: 2002年12月26日(木) 00時17分
E-Mail:takasiwombat@yahoo.co.jp
URL:

はじめまして、最近自作電源ケーブルを作ったのですが、極性チェックや通電テスト
などをまだしていません。デジタルテスターも購入したのですが、説明書が中国語で
さっぱりわかりませんでした。よかったらデジタルテスターを使った通電テストの
仕方と極性チェックの仕方を教えていただけないでしょうか?


No.77 Re: デジタルテスターについて

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2002年12月29日(日) 11時31分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

>はじめまして、最近自作電源ケーブルを作ったのですが、極性チェックや通電テスト
>などをまだしていません。デジタルテスターも購入したのですが、説明書が中国語で
>さっぱりわかりませんでした。よかったらデジタルテスターを使った通電テストの
>仕方と極性チェックの仕方を教えていただけないでしょうか?
>
はじめまして、たかしさん。鈴原透慈です。

電源ケーブル工作で一番怖いのは、ホットとコールドの配線がショートしている状態です。
自分の記事例のように電線で工作されているのであれば、ホットとコールドの絶縁がきちんと
しており、また、配線器具も1本ずつをねじ止めすればまず安全なはずですが、それでも
万一の事故を防ぐために、導通チェックは必ず行っています。

デジタルテスターの使い方が分からないとの事ですが、自分の手持ちのSANWA SD-410Cを
例にご説明します。このテスターの場合、4つの機能があり、V DC・V AC・Ω・→← と
表記されています。直流電圧・交流電圧・直流抵抗・導通チェックです。

ご質問の導通チェックですが、テスターに導通チェック機能がついているのであれば、
テスターの黒棒と赤棒を接触させるとブザーが鳴ります。つまり導通しているわけです。
この場合は、工作した電源ケーブル単体の状態(オーディオ機器にもコンセントにも
接続しない)で、ホットとコールド(コンセントプラグの平べったい刃)それぞれに
テスターの黒棒と赤棒を当てます。片方の刃に黒棒を当てたまま、もう一方の刃には
赤棒を当てればよいわけです(黒棒と赤棒の順番はどちらが先でも構いません)。
これでブザーが鳴らないのが正常な状態で、これでショート事故が防げます。

次に、片方の刃に黒棒を当てたまま、今度は赤棒をインレット側のスリットに挿し込んで
チェックします。どれかひとつのスリットでブザーが鳴るのが正常な状態で、そこが
黒棒を当てた刃と導通しているわけです。片方の刃の導通が確認できたら、もう片方の
刃も同様にしてチェックします(黒棒と赤棒は逆でも構いません)。
なお、3Pインレットの場合は、ホットとコールドは左右どちらかの穴と導通している
のが正常で、真中の穴と導通があってはダメです。

以上が、導通テストです。テスターに導通機能が無い場合は、直流抵抗を測定して下さい。
導通していれば、0Ωになります。導通していなければ直流抵抗は無限大で、SD-410Cの
場合は千の位の表示位置で数字の1が点滅します。

極性チェックのやり方は、記事中で説明しているので、そちらを読んで下さい。
http://matock.com/audio/02_01.htm

電源ケーブル工作自体は誰にでも出来ますが、工作ミスがあった場合、感電や火災の危険が
ありますので、十分注意して下さい。不安であれば、たかしさんの安全のために、電気工事を
されている近所の電気屋さんに確認してもらって、絶対に事故を起こさないようにして下さい。


No.78 Re: Re: デジタルテスターについて

投稿者名: たかし
投稿日時: 2002年12月29日(日) 17時03分
E-Mail:takasiwombat@yahoo.co.jp
URL:

細かく教えてくださってありがとうございます。早速試してみたところ、うまく
いきました。


No.79 はじめまして!

投稿者名: MARCOA
投稿日時: 2002年12月30日(月) 14時15分
E-Mail:0928162501@jcom.home.ne.jp
URL:http://members.tripod.co.jp/MARCOA/index.html

管理人様、掲示板常連の皆様、はじめまして!
MARCOAと申します。

以前から、電源ケーブル自作について探していたところこのページ
を見つけて参考になりました。
電源ケーブル・タップの製作が、写真・解説付きで、なおかつページの
レイアウトが綺麗にのっており、興味深く拝見させていただきました。
私自身、中学生からオーディオに興味を持ち、現在では好奇心ではじめた
電源ケーブル・タップの製作に興味を持ちました。
電気のことを全く知らず、工作も苦手な私ですが、素人ながら電源ケーブル
製作ページを作りました。

これからも、宜しくお願い申し上げます。

私のホームページ(トップページ)アドレスは、
http://members.tripod.co.jp/MARCOA/index.html
です。ご多忙でないときに是非ご覧下さい。

追伸
このページのトップにある「アニメCD」や「声優さん」の掲載もオーディオ
関連の管理人様が運営されているのですか?
私自身、アニメや声優にはある程度興味がありますので、質問してみました。


No.80 Re: はじめまして!

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2003年01月19日(日) 21時03分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

MARCOAさん、はじめまして。お返事が遅くなってすみません。

>電気のことを全く知らず、工作も苦手な私ですが、素人ながら電源ケーブル
>製作ページを作りました。
>
当HPが少しでもお役に立てたようで、何よりです。MARCOAさんのHPも
写真掲載で見やすいですね。

>これからも、宜しくお願い申し上げます。
>
こちらこそ、よろしくお願い致します。

>追伸
>このページのトップにある「アニメCD」や「声優さん」の掲載もオーディオ
>関連の管理人様が運営されているのですか?
>私自身、アニメや声優にはある程度興味がありますので、質問してみました。
>
あちらは、洞木 潤が担当しています。最近のアニメには疎いそうですが、
「あずまんが大王」は原作が面白くTV版も出来が良かったということで、
DVDを買ってましたね。良いオーディオだと声優さんの演技の上手下手
がよく分かるそうです。
最近は更新が滞っていますが、よろしかったら、あちらのページもご覧下さい。


No.81 はじめまして(奄美から)

投稿者名: mizuma
投稿日時: 2003年02月04日(火) 14時33分
E-Mail:mizuma@amami.com
URL:http://www.amami.com/

奄美大島で観光情報提供サイト「あまみ便り」を運営している者です。
当サイトでは奄美島唄のCDを作成しているJABARAレーベルのページも運営しています。
こちらのページでご紹介いただいたことで当サイトを訪れていただきCDも購入していただきました。ありがとうございます。
ご紹介の文章に一つだけお願いが・・・
「沖縄奄美の島唄専門レーベル」とありますが、奄美の島唄は沖縄の島唄と大きく異なり、JABARAレーベルは奄美の島唄にこだわっているレーベルです。ちなみに奄美は鹿児島県です。
細かいようですがよろしくお願いします。


No.82 Re: はじめまして(奄美から)

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2003年02月06日(木) 01時28分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

はじめまして。鈴原透慈です。

>「沖縄奄美の島唄専門レーベル」とありますが、奄美の島唄は沖縄の島唄と大きく異なり、JABARAレーベルは奄美の島唄にこだわっているレーベルです。ちなみに奄美は鹿児島県です。
>
すみません、早速直しておきました。奄美は一度旅行したいと
思っています。JABARAのマリカミズキ「ソングフルーツ」は、
ネットで聴ける試聴曲(リアルオーディオデータ)でも、録音の
良さがわかるスゴいアルバムですね。
「ソングフルーツ」紹介ページ
http://www.amami.com/jabara/jab19.html

第2弾の「シマウタブンブン」はバリ島レコーディングということ
で、これも注文しましたので楽しみにしています。
「シマウタブンブン」紹介ページ
http://www.amami.com/jabara/jab24.html

日本各地にJABARAのようなレーベルがもっとあれば、日本の音楽
シーンも西洋一辺倒にならなくて面白いのに、と思います。
JABARAレーベルに期待しています。


No.83 ボリュームボックス

投稿者名: さかず
投稿日時: 2003年02月07日(金) 20時37分
E-Mail:sakazu@joy.hi-ho.ne.jp
URL:http://www.river.sannet.ne.jp/k-markun/

こんばんは。

あれからいろいろ調べてみましたが、結局alpsのボリュームRK-501を使用して作ることにしました。
ところがメーカーの通販サイトでは100kΩのものしかありません。
通常はCD用には10kΩを使用するようですが、もし100kΩのものを使用すると一体どうなるのでしょうか?
なにか不都合が生じるのでしょうか。


No.84 Re: Re: はじめまして(奄美から)

投稿者名: さかず
投稿日時: 2003年02月07日(金) 21時01分
E-Mail:sakazu@joy.hi-ho.ne.jp
URL:http://www.river.sannet.ne.jp/k-markun/

こんばんは。
JABARAのCD、気に入られたようですね。

島歌系だと他にも数枚所有していますが、JAB-10「路傍の芸」などは結構好きです。

盲目の唄者、里国隆が沖縄の平和通のアーケードの中で演奏しているところを偶然
発見して、突如として録音されたものだそうです。
里国隆の唄も味があってよいのですが、商店街の中での録音ということで、アナウ
ンスや自転車のベルの音、子供たちの話し声などがバンバン入っているので雰囲気
抜群ですよ。


No.85 メアド訂正

投稿者名: さかず
投稿日時: 2003年02月11日(火) 14時18分
E-Mail:sakazu@joy.hi-ho.ne.jp
URL:http://www.river.sannet.ne.jp/k-markun/

すみません、メールアドレスが間違っていましたので訂正させていただきます。
(@が全角になっていました)


No.86 Re: ボリュームボックス

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2003年02月15日(土) 14時32分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

こんにちは、さかずさん。鈴原透慈です。

相変わらずレスが遅くてすみません。先日はどうもありがとうございました。

>あれからいろいろ調べてみましたが、結局alpsのボリュームRK-501を使用して作ることにしました。
>ところがメーカーの通販サイトでは100kΩのものしかありません。
>通常はCD用には10kΩを使用するようですが、もし100kΩのものを使用すると一体どうなるのでしょうか?
>なにか不都合が生じるのでしょうか。
>
機器間の接続にはインピーダンスマッチングというものがありまして、
昔の放送機器は600Ωで統一されていたそうですが、現在の音響機器
は『ロー出しハイ受け』というのが原則ということになっています。

つまり、出力機器側(CDプレーヤーなど)の出力インピーダンスは数十Ω、
入力機器側(メインアンプなど)の入力インピーダンスは10kΩ以上という
ようになっているわけです。

↓インピーダンスマッチングの詳しい説明はこちらをどうぞ
トライテック社コラム「インピーダンスの話」
http://www.hh.iij4u.or.jp/~tamra/column/600ld.html

そこで、100kΩのボリュームをCDプレーヤーとメインアンプの間で
使用した場合、CDとボリュームはOKですが、ボリュームとメインアンプ
(47kΩが多い)がハイ出しロー受けになってしまって、うまくありません。

ただ、さかずさんのケースでちょっと気になるのは、パワーアンプがサンスイの
B−2102MOSで、これは入力インピーダンスが10kΩとやや低めです。

その意味でも入手できるなら10kΩの方がベターだと思います。ボリューム
入手時に、販売店で確認してみて下さい。

なお、長岡先生がボリュームボックスで使われた、東京光音の2P65CS
(10kΩ、¥45,500)は、去年の9月頃の情報ですが、東京の海神無線で
入手できるかもしれません。
東京都千代田区外神田1-10-11 東京ラジオデパート2F
TEL.03-3251-0025 FAX.03-3256-3328


No.87 Re: Re: Re: はじめまして(奄美から)

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2003年02月15日(土) 14時36分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

こんにちは、さかずさん。鈴原透慈です。

>こんばんは。
>JABARAのCD、気に入られたようですね。
>
「ソングフルーツ」の張り上げる唄声がいいですね。システムチェックにも
好適です。

>島歌系だと他にも数枚所有していますが、JAB-10「路傍の芸」などは結構好きです。
>
>盲目の唄者、里国隆が沖縄の平和通のアーケードの中で演奏しているところを偶然
>発見して、突如として録音されたものだそうです。
>里国隆の唄も味があってよいのですが、商店街の中での録音ということで、アナウ
>ンスや自転車のベルの音、子供たちの話し声などがバンバン入っているので雰囲気
>抜群ですよ。
>
これも注文します。情報、ありがとうございます m(__)m


No.88 Re: Re: ボリュームボックス

投稿者名: さかず
投稿日時: 2003年02月15日(土) 22時37分
E-Mail:sakazu@joy.hi-ho.ne.jp
URL:http://www.river.sannet.ne.jp/k-markun/

>相変わらずレスが遅くてすみません。先日はどうもありがとうございました。

こちらこそありがとうございました。
詳しい情報、とても助かります。

インピーダンスの件、文系の僕にはなかなか理解できません。
「インピーダンスの話」をよーく読んでみます!
『ロー出しハイ受け』の言葉からすると、100kΩはまずいですね。

本日「試聴屋」というHPを発見したのですが、そのなかで「セイデン」
というメーカーから高価ですがなかなか良さそうなものが発売されて
いました。
「理研 リケノームRDB」という固定抵抗を使用しています。
凄そうです!

http://ns.tachyon.co.jp/~sichoya/index.html




No.89 パッシブアッテネーターの原理と理研の抵抗

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2003年02月16日(日) 02時53分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

こんばんは、さかずさん。鈴原透慈です。

>『ロー出しハイ受け』の言葉からすると、100kΩはまずいですね。
>
少し長くなりますが、音量減衰の原理を説明しますね。
実はこれがパッシブアッテネーターの原理なのです。

IN           OUT
+――R1―――――+
       |
       R2
       |
−――――――――−

R1とR2は抵抗で、減衰量 X=(R1+R2)/R2 です。IN のところの電圧が
2箇所の抵抗によって、OUT のところで減衰するわけです。
(CDプレーヤーとメインアンプを接続した場合、R1がCDプレーヤーの
出力インピーダンス、R2がメインアンプの入力インピーダンスに相当)
X=1 なら、 0dB
X=2 なら、- 6dB
X=4 なら、-12dB
X=5 なら、-14dB
X=10なら、-20dB
X=20なら、-26dB
X=32なら、-30dB
X=100 で、-40dB
dB表示は1.122の何乗がXになるかで算出します。
- 6dB、つまり1.122の 6乗は1.995で、X=約 2、
-20dB、つまり1.122の20乗は9.996で、X=約10、といった具合です。

さて、減衰量の計算式 X=(R1+R2)/R2 から分かるとおり、R1が小さく
R2が大きいほど、分母=分子に近くなって、X=1、つまり減衰量は0dBに
近くなって小さくなります。その逆に、R1が大きくR2が小さくなると
減衰量は大きくなります。

R1=10Ω、R2=10kΩの場合(ロー出しハイ受けに相当)
 減衰量X=(10+10,000)/10,000=1.001
で0dBに近くほとんど減衰しません。これがロー出しハイ受けのメリットです。

R1=100kΩ、R2=10kΩの場合
 減衰量X=(100,000+10,000)/10,000=11
で約−21dB、これはアンプのボリュームで言えば12時付近の減衰量です。
つまり、ハイ出しロー受けでは電圧が減衰するということです。

なお、アッテネーター単体のインピーダンスは R1+R2 になります。

>本日「試聴屋」というHPを発見したのですが、そのなかで「セイデン」
>というメーカーから高価ですがなかなか良さそうなものが発売されて
>いました。
>「理研 リケノームRDB」という固定抵抗を使用しています。
>
理研の抵抗リケノームであれば、RDB(高級・中級音質用抵抗器)よりも
RMG(最高級音質用オーディオ抵抗器)の方が良いですよ。

長岡先生が製作されたパッシブアッテネーターPC-5Proでも、理研のRMG
が使用されていました。

理研電具HP
http://www.rikendengu.co.jp/
リケノーム詳細(PDFファイル)
http://www.rikendengu.co.jp/doc/audio.pdf


No.90 Re: パッシブアッテネーターの原理と理研の抵抗

投稿者名: さかず
投稿日時: 2003年02月17日(月) 00時51分
E-Mail:sakazu@joy.hi-ho.ne.jp
URL:http://www.river.sannet.ne.jp/k-markun/

とても詳しい説明、ありがとうございます!
ツイーターのアッテネーターみたいなものですか・・?
でもすぐには理解できません(-_-;)

じっくりと勉強させていただきます。

>理研の抵抗リケノームであれば、RDB(高級・中級音質用抵抗器)よりも
>RMG(最高級音質用オーディオ抵抗器)の方が良いですよ。
>
>長岡先生が製作されたパッシブアッテネーターPC-5Proでも、理研のRMG
>が使用されていました。

RMGはかなり有名な抵抗みたいですね。
残念ながらセイデンではRMGは用意していないみたいです。

スイッチだけ購入して、抵抗は自分で用意しては?と言われましたが、
そんな知識僕にはありません。
キットの組立説明書を分けてもらえるように頼みこんでみました。
どうなることやら・・・

それと、ふすまの交換作業が終了しました。
ご都合のよろしい日に是非お越しください。
お待ちしております。


No.91 自作スピーカー挑戦中

投稿者名: hiro
投稿日時: 2003年04月10日(木) 22時10分
E-Mail:hyy726@yahoo.co.jp
URL: http://homepage.broba.ws/nature/

私も、スピーカーに関して素人ですが、
自作スピーカーに挑戦中です。
それと同時に、ホームページも作成中です。
よろしければ、一度のぞいてみてください


No.92 先日はありがとうございました。

投稿者名: UENO
投稿日時: 2003年05月06日(火) 23時45分
E-Mail:n-ueno@hm.h555.net
URL:http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/5886/index.htm

昨日はわざわざお越しいただきましてありがとうございました。
次回はこちらからお邪魔させていただきますのでよろしくおねがいします(^^)


No.93 VRDS 25XSのヒューズ

投稿者名: たかし
投稿日時: 2003年05月10日(土) 10時19分
E-Mail:takasiwombat@yahoo.co.jp
URL:

VRDS 25XSのヒューズを交換したいのですがヒューズの規格がわかりません。
管理人さんはVRDS 25XSのヒューズは交換したのでしょうか?
もし交換したのならアンペアとスローフューズかファーストヒューズかを
教えていただけないでしょうか?


No.94 Re: 自作スピーカー挑戦中

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2003年05月11日(日) 12時40分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

>私も、スピーカーに関して素人ですが、
>自作スピーカーに挑戦中です。
>それと同時に、ホームページも作成中です。
>よろしければ、一度のぞいてみてください
>
お返事がすっかり遅くなってしまいました。

デザインがユニークなホームページですね。
木型が本業との事で、今後の更新が楽しみです。


No.95 Re: 先日はありがとうございました。

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2003年05月11日(日) 12時42分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

>昨日はわざわざお越しいただきましてありがとうございました。
>
こちらこそ、ありがとうございました。参考になる点が多かったです。

>次回はこちらからお邪魔させていただきますのでよろしくおねがいします(^^)
>
はい、楽しみにお待ちしております。


No.96 Re: VRDS 25XSのヒューズ

投稿者名: 鈴原透慈
投稿日時: 2003年05月11日(日) 13時18分
E-Mail:Tohji@Matock.com
URL:http://Matock.com/audio/

>VRDS 25XSのヒューズを交換したいのですがヒューズの規格がわかりません。
>管理人さんはVRDS 25XSのヒューズは交換したのでしょうか?
>もし交換したのならアンペアとスローフューズかファーストヒューズかを
>教えていただけないでしょうか?
>
ヒューズは交換していますが、大分前のことなので、規格はもう
覚えておりません。

交換を考えておいでなら、蓋を開けて実際にヒューズを取り出して
みれば、その口金に○○V**Aと刻まれていますから、一目瞭然
です。スローヒューズであれば、基板上のヒューズホルダー付近に
「SLOW」の文字が印刷してあるはずです。
自分はホームセンターで普通に売られているヒューズを使いました
が、これは少なくともスローブローではないと思います。もしそれで
電源ON/OFFでヒューズが切れる場合はスローブローにする必要
があります。

予告なしの改良でヒューズの規格や仕様が変更されている可能性も
ゼロではありませんから、たかしさんの目で実際に確認していただく
方がベターです。

ただし、ヒューズ交換はあくまでも自己責任が原則です。たかしさんが
ヒューズ交換されて万一トラブルが発生したとしても、自分には何の
補償も出来ませんし、蓋の開け閉めだけでも音は変わる可能性があります。
「結果がどう転んでも自分が自分の意志でやった事だから、反省はしても
後悔はしない」といった覚悟というか、決意は必要です。
その点はご承知おき下さい。


No.97 Re: Re: VRDS 25XSのヒューズ

投稿者名: たかし
投稿日時: 2003年05月11日(日) 17時43分
E-Mail:takasiwombat@yahoo.co.jp
URL:

御返答ありがとうございます。まずは使わなくなったDVDをあけて練習してみようと
思います。いつも相談にのってくださってありがとうございます。


No.98 某日はよろしくおねがいします。

投稿者名: UENO
投稿日時: 2003年05月12日(月) 23時06分
E-Mail:n-ueno@hm.h555.net
URL:http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/5886/index.htm

>>昨日はわざわざお越しいただきましてありがとうございました。
>>
>こちらこそ、ありがとうございました。参考になる点が多かったです。

アルコアシートがお役にたてたようでよかったです(^^)
スエード調のものはプロジェクターのラックに貼っていますが、
見た目も触り心地もいいですよ(^^) ...あまり触りませんが(笑)

>>次回はこちらからお邪魔させていただきますのでよろしくおねがいします(^^)
>>
>はい、楽しみにお待ちしております。

某日を楽しみにしていますね(^^)


No.99 Re: Re: パッシブアッテネーターの原理と理研の抵抗

投稿者名: 所ジョージ
投稿日時: 2003年07月27日(日) 23時50分
E-Mail:
URL:

>>>残念ながらセイデンではRMGは用意していないみたいです。
>
>スイッチだけ購入して、抵抗は自分で用意しては?と言われましたが、
>そんな知識僕にはありません。
>キットの組立説明書を分けてもらえるように頼みこんでみました。
>どうなることやら・・・

RMG仕様のアッテネーターはアムトランスにありますよ。
見てみたらいかがでしょうか?


No.100 すみません

投稿者名: さかず
投稿日時: 2003年08月12日(火) 11時44分
E-Mail:
URL:

>RMG仕様のアッテネーターはアムトランスにありますよ。
>見てみたらいかがでしょうか?

失礼しました。
この投稿をしたのはもう随分前の話ですので、すでに購入しております。
ありがとうございます。